So-net無料ブログ作成

北川裕二(キングレコード)  関西でキャンペーン強化 関西人好みの新曲「女のみれん」が話題に [新曲]

◆西日本では馴染みの薄かった北川裕二が、3月13日発売の新曲「女のみれん」を機に近畿、東海、中国地区でのキャンペーンを強化している。関西人が好む演歌を意識しているだけに、早くも新たなファンが出来始めているようだ。


北川裕二2.jpg

 「女のみれん」は、作詞が下地亜記子、 作曲は弦哲也、編曲南郷達也で、今までの北川裕二のイメージをかなり変えている。
 北川も「大阪出身のディレクターが手がけた作品で、今までのスマートな歌じゃなくて、大阪の町に合う演歌っぽい歌に作ってもらいました」と話している。

 出来あがった新曲は、演歌ファンにはたまらないメロディーと節回しのようで、2013年3月22日に兵庫県三田市で開かれた第4回SANDA歌謡ライブに出演したところ「教室の課題曲にしたい」といったカラオケ教室の主宰者もいた。


北川裕二.jpg 初出演ののこの歌謡ライブでは、デビュー間もない平成2年の「流転」から、結婚式でも歌ってもらえるという「男のまごころ」(平成13年)、そして新曲「女みれん」、そのカップリング曲「茅葺きの駅」など6曲を歌った。

 デビューは昭和59年5月で。その前年に、日本テレビの新スター誕生の6代目グランドチャンピオンを獲得している。今年30周年を迎える。作曲家弦哲也の2番弟子で、デビュー以来、一貫して弦の作品を歌い続けている。ちなみに1番弟子は同じキングレコードの千葉一夫である。








 福島県郡山市出身。カップリングの「茅葺きの駅」では、会津の代表的な温泉である湯野上温泉、そして情緒ある会津鉄道など、ほのぼのとしたふるさと色を感じ取れる演歌になっている。


[北川裕二 オフィシャルサイト]
http://www.kitagawa-yuji.com/index.html
[北川裕二 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10436





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大谷龍一郎(日本クラウン)、「宗右衛門町ブルース」をカバー カップリングは「吉都線」 九州新幹線全通に合わせ関西と九州を結ぶシンボル曲としてアピール [新曲]

◆JR鹿児島中央駅と新大阪駅を直通で結ぶ九州新幹線鹿児島ルートが3月12日に全線開通するのに合わせて、大阪出身の歌手、大谷龍一郎がロック調にアレンジした「宗右衛門町ブルース」をカバーするとともに、鹿児島県湧水町のJR吉松駅から宮崎県都城市の都城駅までの吉都線(きっとせん、愛称=えびの高原線)を歌った「吉都線」を収録したCDを3月4日、日本クラウンから発売する。


大谷龍一郎.jpg
大谷龍一郎


 「宗右衛門町ブルース」(作詞・平和勝次、作曲・山路進一)は、高度成長にわく1972(昭和47)年の大阪・ミナミを舞台に、平和勝次とダークホースが歌って大ヒット。いまだに売れ続けているロングセラー曲になっている。

 今回、その曲を大樋稔が編曲を担当し、演歌調の元歌をロック風にアレンジして、今風にイメージを一新した。
 また、1番が ♪ <きっと>来てねと 泣いていた~ で始まることから、鉄道ファンから熱烈な人気がある南九州を走るローカル線、吉都<きっと>線に、カップリング曲のタイトルを結び付けて、九州新幹線全線開通で盛り上がる関西と九州、とりわけ南九州とをつなぐ応援ソングにしたいという。


 吉都線の沿線にある宮崎県都城市、高原町など5市町は、今年1月末、大噴火した新燃岳を抱える霧島連山の麓にある。
 大谷は「今回の新曲を通じて、被災者の方々の励ましにもなれば」と話しており、宗右衛門町でのチャリティーイベントも開きたいという。
 また、これを契機に、大阪・宗右衛門町商店街と吉都線沿線地域の交流も計画されている。

 CDには、ボーナス曲として「RESET UP!」(作詞・作曲・編曲:大樋稔)も収録している。



[RYU'sHOUSE]
http://www.ryushouse.com/





nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

成底ゆう子(キングレコード)、「ふるさとからの声」 11月10日発売 涙なくして聴けない 家族の絆がテーマ [新曲]

成底ゆう子「ふるさとからの声」.jpg◆シンガーソングライターの成底ゆう子が、11月10日、キングレコードからシングル「ふるさとからの声」をリリースする。2008年にインディーズ盤で発売された同曲を新アレンジと新録音でメジャー発売するものだ。


成底ゆう子のメジャー第1弾「ふるさとからの声」




 収録曲は「ふるさとからの声」(作詞・成底ゆう子/島崎伸一、作曲・成底ゆう子、編曲・渡辺俊幸)のほか、「知床旅情」(作詞/作曲・森繁久彌、編曲・長田直也)「この地球(HOSHI)に生まれて」(作詞・島崎伸一/成底ゆう子、作曲・成底ゆう子、編曲・長田直也)「里景色」(作詞・島崎伸一/成底ゆう子、作曲・成底ゆう子、編曲・鋒山亘)の4曲。

 成底は沖縄県石垣市生まれ。すべての楽曲には、彼女の柔らかな澄んだ声と沖縄メロディーが流れる。2009年3月10日放送の日本テレビ「誰も知らない泣ける歌」で、「ふるさとからの声」を歌ったところ、全国から問い合わせが殺到したという。


 ふる里を出て都会で夢の実現に向けて1人で頑張る娘への両親の思いと、感謝を綴っている詞を、成底が透明感あふれる声で歌っている。
 誰もが涙なくして聴けない歌であろう。
 キングレコードも「聴くと必ず涙する・・・今年一番の号泣ソング!!」と絶賛している。

 心洗われる声には、多くが感動を表しており、Amazonのサイトには、すでにたくさんのレビューが書き込まれている。

 2010年11月26日には東京・恵比寿switchでワンマンライブが開かれるほか、来年1月28日には東京・南青山MANDALAでもワンマンライブ予定されている。
 関西での予定は未定のようだ。

◆「ふるさとからの声」を購入した人には先着で、成底ゆう子“「ふるさとからの声」プロモーション・ビデオ”(DVD・非売品)がプレゼント(なくなり次第に終了)されるという。
 関西での配布店舗は下記の通り。

京都 マジカルガーデン 野田川店
京都 大垣書店 京都ファミリー
京都 JEUGIA 三条本店1F
京都 JEUGIA 四条店
京都 JEUGIA 北大路ビブレ店
京都 ミヤコ 京都大丸店
京都 CD・ビデオ ないとう 西友店
京都 恵比寿堂 長岡駅前店

大阪 爽智堂書店
大阪 天牛堺書店 天下茶屋
大阪 天牛堺書店 津久野店
大阪 上新電機 阪急三番街店
大阪 大十 日本橋店
大阪 マルゼン楽器店 本店
大阪 タワーレコード 梅田大阪マルビル店
大阪 タワーレコード 梅田NU茶屋町店
大阪 山野楽器 イオンモール鶴見リーファ店
大阪 恵比須堂 本町店
大阪 恵比須堂 今福店
大阪 恵比須堂 平野店
大阪 JEUGIA マイカル茨木店
大阪 JEUGIA 上本町近鉄店
大阪 HMVあべのHOOP
大阪 HMV八尾
大阪 ミヤコ 難波高島屋店
大阪 ミヤコ なんばウォーク店
大阪 ミヤコ 堺ヨーカドー店
大阪 ミヤコ 泉ケ丘店
大阪 ミヤコ 布施店
大阪 ミヤコ 北千里サティ店
大阪 ミヤコ 高槻店
大阪 ふたば書房 箕面ヴィソラ店
大阪 ミヤコ 心斎橋大丸店
大阪 交声堂 千里店
大阪 タワーレコード 高槻店
大阪 山野楽器 イオンモール鶴見リーファ店
大阪 山野楽器 西武八尾店

奈良 BOOK LAND

和歌山 炭家書店

兵庫 ミヤコ 尼崎店
兵庫 ミヤコ 塚口店
兵庫 恵比寿堂 川西多田店
兵庫 恵比寿堂 小林店
兵庫 タワーレコード 神戸店
兵庫 ミヤコ 三宮店
兵庫 大蓄 住吉店
兵庫 大蓄 西神店
兵庫 大蓄 西宮店
兵庫 SOUNDAREASENTI



[成底ゆう子 Yuhko Narisoko official website]
http://www.dictorland.net/narisoko/
[成底ゆう子 キングレコードのサイト]
http://www.kingrecords.co.jp/narisokoyuko/index.html



nice!(61)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

梅谷陽子(マスタックレコード)、5枚目のシングル「高砂駅」 11月5日に発売 [新曲]

梅谷陽子 高砂駅.jpg◆シンガーソングライターの梅谷陽子が、新曲「高砂駅」 = 写真・左 = を2010年11月5日に発売する。これには同じ兵庫県出身の女性デュオ「花花」の、おのまきこがピアノで参加している。価格は1000円。







 梅谷はピアノの弾き語りで全国で活動中のシンガーソングライター。05年10月にタバサレコードから「季節はずれのサクラ」でインディーズデビュー。
 新曲の「高砂駅」(マスタックレコード、販売はダイキサウンド)は5枚目のシングルで、実在の街と駅(山陽電車)を歌っている。その「高砂駅」のほかに「message~本当に笑顔な君へ~」「交差点」も収録した。

 ラジオのパーソナリティーとしても活躍中で、ラジオ関西では自身の番組「ゆめ恋missing」(土曜深夜27:30)、FMミッキィ(三木市)でも「マイ・フェヴァリット・Sings」(木曜20:30)を担当している。

 新曲の発売日には尼崎市のライブ・ハウス「ブラントン」でレコ発ワンマンライブを行い、翌日の6日には大阪・十三の恵比須堂で午後4時からインストア・ライブも予定している。
 その後のライブは次の通り。


11月12日 東京西新宿navi-cafe
11月13日 姫路食博
11月13日 神戸かんでかんで
11月14日 長居DEPO 



[梅谷陽子オフィシャルウェブサイト]
http://www.umetani-youko.com/top.html
[ブログ 梅谷陽子]
http://yaplog.jp/umetani_youko/
[ツイッター 梅谷陽子 @umetaniyouko]
http://twitter.com/#!/umetaniyouko


nice!(68)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

若原りょう(ホリデージャパン)、20日、新曲「泣きぼくろ」発表会 堺市で [新曲]

◆ホリデージャパンの若原りょう = 写真・下 = が、2010年10月20日、新曲「泣きぼくろ」(作詞・山口洋子、作曲・竜崎孝路、編曲・牧野三朗)を発売する。

若原りょう.jpg

 33年前に若三杉が歌った同名曲のリメイクで、若原版は見事な低音とサックスのイントロが魅力だ。
 前作の「ゆうこ」に次ぐ6枚目のシングルで、得意とするムード歌謡だ。
 発売日の20日には、大阪府堺市の第一ホテル堺で新曲発表会が行われる。

 カップリングは「サヨナラ夜霧」(作詞・高畠じゆん子、作曲・原田ヒロシ、編曲・牧野三朗)。



[若原りょう]
http://www.holiday-japan.co.jp/artist/wakahara01.htm
「関連記事」
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2009-11-29



nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

大地誠(日本クラウン)、新曲「浜酒場」 富山県氷見市などでプロモーションビデオを撮影 [新曲]

大地誠2.jpg◆日本クラウンの大地誠が、2010年8月4日発売予定の新曲「浜酒場」のプロモーションビデオの撮影を、このほど地元の富山県氷見市や同射水市(旧新湊市)の情緒ある港町、内川界隈で行った。

 「浜酒場」は作詞が久仁京介で、作曲は聖川湧。
 旅先の静かな港町で、ふらりと立ち寄った居酒屋が主な舞台。主人公が女将と交わす言葉少ない会話に、男の気配りを感じさせる楽曲になっている。




午前3時起きで、朝焼けの中で撮影が進められた。前夜は夜中1時まで続いた




 撮影は2日間に渡って行われた。
 ビデオで大地は自ら主人公役として出演している。地元にある実際の居酒屋のママも友情出演してくれた。居酒屋の女将が大地に酒を注ぐシーンでは、プロの俳優同士といった感じで、曲のイメージを高めている。

 このほか映像は、氷見・唐島の朝焼けシーンや、新湊の海王丸をバックにした景色など、北陸の港町独特の風情や美しい海も見せてくれる。

大地誠1.jpg
北陸の港町で行われた撮影   写真下の船は新湊の海王丸

海王丸.jpg


 ちなみにロケ地のひとつ旧新湊市は、作曲を担当し大地の師匠にもあたる聖川湧の出身地でもある。

 大地は「曲のイメージにぴったりの、とてもいい仕上がりになりました」と話していた。

 なお、同曲のカップリングは「北陸本線」で、「浜酒場」同様に作詞・久仁京介、作曲・聖川湧。



[大地誠のきときと街道]
http://plaza.rakuten.co.jp/daichimakoto





nice!(36)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽