So-net無料ブログ作成

演歌ジャックス、8月放送分を収録   ゲストに成世昌平・箱崎幸子が出演 [テレビ]

◆奈良テレビ放送やJ:COM 11Ch、九州宮崎 12Chなどで放送中の音楽番組「演歌ジャックス」の2019年8月放送分の収録が、同7月3日、大阪市内で行われた。和やかムードで収録が進む中、ゲスト歌手の成世昌平(日本クラウン)は新曲の「音戸の恋唄」を歌い、もう1人は箱崎幸子(ホリデージャパン)は「抱擁」を聴かせた。レギュラー陣も最新曲やトークで楽しませる。

箱崎幸子 3.jpg成世昌平 4.jpg
箱崎幸子(左)と成世昌平


 後々まで残る楽曲を歌っていきたいー。68歳の成世昌平はこう話す。目先のCD販売だけを狙って歌うのではなく、歌謡界に成世あり、と言われる楽曲を積み上げていこうというのである。もちろん彼には「はぐれコキリコ」「鶴の舞橋」をはじめとする名曲・代表曲楽曲ある。4月に出した新曲「音戸の恋唄」もまた、その中に入るに相応しい作品なのである。

成世昌平 3.jpg成世昌平 2.jpg
成世昌平

 広島県呉市の本州側と倉橋島の間を流れる海峡を音戸の瀬戸呼んでいる。安芸の宮島への航路として平清盛が開削したと言われ、船舶の行き来が多く、瀬戸内銀座とも呼ばれる。ここを舞台にする「音戸の恋唄」は、民謡「音戸の舟唄」をベースに、便りも来ない愛しい人を想う女を歌う。原文彦作詞、聖川湧作曲。歌い始めは民謡である。高音が響く。成世だからこそ歌えるのだろう。



 箱崎幸子は、甘い声で女心を切なくムード歌謡を歌った箱崎晋一郎の妻である。晋一郎は43歳で亡くなったが、幸子が代表曲の「抱擁」などを大切に歌い継ぐ。化粧品販売員をしていた幸子は22歳で晋一郎と結婚している。1994年に夫の遺志を受け継いで「東京運河」を自費出版し、プロ歌手として活動を始めた。「演歌ジャックス」への出演は去年に次いで2度目。18歳の時、ミスいわきコンテストで優勝した美貌は衰えず、この日もムードいっぱいに「抱擁」を歌った。

箱崎幸子.JPG箱崎幸子 4.jpg
箱崎幸子

 「前回出演してから異変が起こったんですよ」
 と話す彼女が配信するYoutubeの動画の視聴回数が急増しているというのである。番組を契機に今、再び「抱擁」が注目を集めつつあるようだ。

魅力を引き出すトークコーナー

 「演歌ジャックス」の収録ては、テレビ番組のほかコミュニティーFMなどラジオ番組の収録も行われていますが、ゲストはそれぞれに出演してパーソナリディとトークをしている。





【レギュラー出演者と歌唱曲】

MARI.jpg
MARI「男と女の第2章」「ダンスDEムーチョ」「乙女のワルツ」
小川リエ 2.JPG
小川リエ「浪花の一番星」
山田壽一.jpg
山田壽一「日向恋しや」
岩井都美子.JPG
岩井都美子「カサブランカ・グッバイ」「時代」
Monet.jpg
Monet「笑顔の季節」
岩本やすし・松坂笑理子.jpg
岩本やすし・松坂笑理子「なつかしの同窓(クラス)会」
林田夏美.jpg
林田夏美「雪桟橋」
中村さおり.JPG
中村さおり「風花」
三浦潤 2.JPG
三浦潤 「函館から東京へ・・・」

小池史子.jpgファンキー・コバ.jpg
司会: 小池史子(左)とファンキー・コバ


演歌ジャックスの放送日

奈良テレビ放送 毎週水曜日 午後2時放送
J:COM 11Ch 毎週火曜日 午前10時放送
九州宮崎 12Ch 毎週月曜日 午前8時放送(再放送・月曜日~日曜日計10回)
天草ケーブルネットワーク 毎週月曜日~金曜日 午後4時放送
兵庫養父市CATV 毎日午後5時(再放送・同6時)


[メディアジャックス]
http://www.mediajacks.jp/

nice!(5) 
共通テーマ:音楽