So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勝本歌謡教室25周年記念発表会、90人が得意曲を歌う 五条哲也・みやま健二がゲスト歌唱 [カラオケ]

◆日本クラウンの歌手、塩乃華織の父で歌謡教室を主宰する勝本泰博さんが、2018年11月4日、教室開設25周年を記念したカラオケ発表会を大阪・上六のホテルアウィーナ大阪で開いた。生徒など約90人が歌唱し、ゲストに五条哲也(日本クラウン)みやま健二(徳間ジャパンコミュニケーションズ)も出演して新曲などを披露した。

勝本歌謡教室25周年記念発表会.jpg
教室代表の勝本泰博さん(前列中央)と生徒たち


 発表会は全員で「青い山脈」を合唱してスタート。出場者はカラオケでの歌唱と、大樋稔さんによる生ドラム演奏による歌唱の部に別れて、自慢の歌を披露した。

 ゲストコーナーでは五条哲也が、10月24日にリリースしたばかりの「別離・・・愛の嘘」と、そのカップリング曲の「隠れ酒」などを歌った。いずれも五条が、かとう洋のペンネームで作曲した作品。もうひとりのゲストみやま健二は、8月に出した「能登の灯祭り」とカップリング曲「あとの祭りの一人酒」などを歌って、会場を盛り上げた。

五条哲也.jpg
みやま健二.jpg
ゲスト歌手の五条哲也(写真上)とみやま健二

 同歌謡教室の勝本泰博さんは、塩乃華織の「赤い橋」などを歌ってみせ「これで25年の区切りを付けることが出来ました。生徒の皆さんは去年よりも(歌が)上手くなったと思います。歌う回数が多くなると、それが自身につながっていきます」と、参加した生徒を励ましていた。

勝本泰博.jpg
模範歌唱をする勝本泰博さん

 またこの日、山口県での仕事のため出演出来なかった塩乃華織は、12月2日、毎年恒例のクリスマスディナーショーを大阪・上六のシェラトン都ホテル大阪で開くことになっている。







nice!(6)