So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本クラウン、雨のお初天神で正月恒例の「新春歌う王冠 」 純烈など21組26人がヒット祈願と歌の奉納 [イベント]

◆日本クラウンの歌手が出演する年明け恒例の演歌・歌謡イベントの「新春 歌う王冠」が、2018年1月8日、大阪・曽根崎のお初天神(露天神社)で開かれた。20回目を迎えた今回、出演したのはスーパー銭湯アイドルの異名を取るムード歌謡グループの純烈、瀬口侑希木下結子ら21組26人。全員で神社本殿でヒット祈願のあと、1人ひとりが今年の抱負を述べた。鏡開きも行われて今年の隆盛を誓い合うとともに、間もなく発売予定の新曲などを披露していた。

2018 歌う王冠1.jpg
出演者全員で鏡割り

 時折、激しく雨が降る中、傘をさして立つそれぞれのファンを前に、勢揃いした21組の出演者たちが新年の意気込みを語った。ベテランの渡辺要は「雨を押して歌を聴きに来ていただいてありがとうございます」を挨拶。

 今年デビー4年目になるフレッシュな津吹みゆは2月7日に発売する「哀愁の木曽路」を早々と披露して「今年も一緒懸命に頑張ります」と、元気を振りまいていた。8周年を迎えている西田あいは「どんどん未来に向かって進んでいきます」と意欲を見せた。

2018 歌う王冠5.jpg
瀬口侑希
2018 歌う王冠6.jpg
純烈

 ベテランの水沢明美は2月7日にリリースする「一点物」を初披露して「皆さんに元気になってもらいた」と話した。お初天神初参加の山口かおるは前作から2作連続で大阪ものに挑戦、今作の「泣かせて大阪」を歌って 「大阪の皆さまに応援していただきたい」とアピール。

 ABCラジオ(朝日放送)の「おはようパーソナリティ道上洋三です」のパーソナリティ、道上洋三とアシスタントの吉田詩織も出演。番組のオープニングテーマ曲「クラリネット・ポルカ」など全15曲を収録して、昨年11月に発売した番組40周年の集大成アルバムの中から、同10月9日の公開生放送で歌った「きょうは記念日」を歌った。

 俳優業が忙しい黒川英二は「出演しているNHKテレビドラマ『大岡越前』の新シリーズが12日から放送されます」と告知。

2018 歌う王冠4.jpg
全国のスーパー銭湯を制覇したい、と話す純烈

 また、会場控え室で純烈は「全国のスーパー銭湯で歌っていますが、まだ訪ねていないところが10県ほどあります。今年はすべて回って、デビー以来の夢であるNHK紅白歌合戦への出場を果たしたい」と話していた。

 この日のイベントは終演まで雨が降る中で行われ、観客も傘をさしながらお目当ての歌手の歌唱に声援を送っていた。会場の一角では菰樽を置いて、恒例の振る舞い酒のコーナーも設けられ、酒で冷えた身体を温める人たちの姿も見られた。

2018 歌う王冠3.jpg
控室では出演者たちによるブログ用記念撮影も


[出演歌手と歌唱曲は次の通り]
山口かおる 「泣かせて大阪」
しいの乙吉 「男と女の舟唄」
塩乃華織 「赤い橋」
道上洋三&吉田詩織 「きょうは記念日」
水沢明美 「一点物」
水木良 「酒場かもめ」
大川ゆり 「雨待ち酒場」
黒川英二 「男哭き」
ファン・カヒ 「真昼の白い月」
川口哲也 「風のじょんがら」
濱田陽子 「野崎情話」
木下結子 「マリーゴールドの恋」
たくみ稜 「上海たずね人」
津吹みゆ 「哀愁の木曽路」
モングン 「黒の漁歌」
中西りえ 「おんな牛若 運命橋」
渡辺要 「母は今でもこころの港」
西田あい 「最後の頁」
五条哲也 「桜並木の向こうに」
瀬口侑希 「雪舞い岬」
純烈 「プロポーズ」


 歌う王冠のライブ版「歌う王冠ライブ」が3月9日、大阪市中央区の朝日生命ホールで開かれる。北川大介、川野夏美、野村美菜、モングン、渡辺要、塩乃華織が出演することになっている。







nice!(6) 
共通テーマ:音楽