So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

浅田あつこ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  大阪でクリスマスディナーショー 間近に迫る25周年に向けて意欲を示す [ディナーショー]

浅田あつこが2016年12月20日、大阪・梅田のホテルモントレ大阪でクリスマスディナーショーを開いた。ファンなど200余人が集まる中、和服からドレス、ジュリアナ東京風にロングヘアーにスーツ姿へのコスプレなど、鮮やかな衣装替えを楽しませる<あっちゃん>ならではの演出に、客席は大きな歓声や拍手に交じって、踊り出す人たちも現れるほどの賑わいだった。

浅田あつこ1.jpg浅田あつこ2.jpg


















 赤い柄の着物で ♪ お~い お~い ~ と「鯨(いさな)の浜唄」の歌詞にある呼び声で登場した浅田。来年1月で45歳になるが、デビュー当時のキャッチフレーズ「なにわの妖精」は一向に変わりがない。3年後にはデビュー25年を迎える。オープニングのこの歌に続いて新曲「雪花」。雪国を舞台に切ない別れを歌った。
 さらに「恋待花」まで4曲を歌うと、今度は赤い衣装にチェンジ。引き続いて「先に惚れたら損をする」までオリジナル曲が並ぶ。

 この楽曲はデビュー15周年記念企画作品として出されたアルバムに収録されているが、彼女の歌にはどうもユニークで妙なタイトルが多い。河内女の気さくな性格がそうさせているのかもしれないが、これもそのひとつである。

 屈強な外人男性2人に両側をガードされて会場中央のステージで、今度は黒のドレスで歌ったのがカバー曲「オールウェイズラブユー」。映画「ボディーガード」に似せて、男性に抱えられて会場中央のミニステージから、メインステージまで移動する一幕も見せるなど、見せ場もたっぷりと用意して観客を楽しませていた。

浅田あつこ3.jpg

 ここで韓国で買ってきたというロングジャケットなどジュリアナ東京風の衣装に着替えて、中央ステージをお立ち台にして「ジュリアナ東京」「あゝ無情」「六本木心中」「北酒場」を歌って踊る。こうなると観客も大喜びで、写真を撮りに駆け寄るファンや踊り出す人たちと、場内は大盛り上がりであった。

浅田あつこ4.jpg

 ショーもいよいよクライマックスである。
 オリジナル曲3曲を立て続けに聴かせた。
 まずは新曲「雪花」のカップリング曲「私の彼は河内男(かわちもん)」。麻丘めぐみの「私の彼は左きき」のオマージュのような作品だが、楽しめる河内ものシリーズの1曲。

浅田あつこ5.jpg

 「想い花」は浅田のデビュー曲である。「この歌がなければ、今の作品がなかった大事な楽曲です」と2コーラスを歌った。最後はやはり新曲の「雪花」で閉めた。
 浅田は「25周年が間もなくやって来ますが、これからも地に足を着けてがんばります」と、次の節目に向けての意欲を示すとともに、集まった人たちへの感謝の意を示した。

浅田あつこ6.jpg

 ラストソングに用意したのは「ありがとう」。客席を回って、1人ひとりと握手して再会を誓っていた。


[浅田あつこ オフィシャルサイト]
http://www.anchi.tv/top.html
[浅田あつこ 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/enka_top/asada.html




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

市川由紀乃(キングレコード) NHKテレビ「スタジオパークからこんにちは」で紅白歌合戦初出場の喜び語る 「僕も応援に行きたい」が口ぐせの亡き兄にも見せたい [テレビ]

◆NHKテレビ・ラジオで2016年12月31日夜に放送される第67回NHK紅白歌合戦に初出場が決まっている市川由紀乃が、同22日、同テレビの番組「スタジオパークパークからこんにちは」に出演して、初出場の喜びと心境を語った。番組ではまた、演歌歌手を目指した中学の頃から念願のデビューを経て、挫折・休業、復帰・再デビュー。そして紅白初出場へと至るまでのストーリーにもふれた。

市川由紀乃6.jpg
紅白初出場の喜びを話す市川由紀乃

 背が高いですね ー と、市川由紀乃と司会の戸田恵子。
 「170.5センチあります」と答える市川は、伊藤雄彦アナウンサーと戸田にはさまれて、気のせいか、やや背中を丸めがちのようでもあった。ずっと願い続けてきた紅白まであと9日と迫った22日、市川は初出場の心の内を聞かれると「まだ夢の中にいるようで、夢なら覚めないで、と何度も頬をつねっています」と言い、当日は万全の状態で歌えるように「喉の乾燥に気をつけています」とも答えていた。

市川由紀乃2.jpg
司会者にはさまれる市川由紀乃

 出演者発表の記者会見では「夢は諦めずに追いかけると必ず叶う」と、しっかりと答えた市川だが、これまで彼女とずっと二人三脚でやって来た母親はその報告を受けると「脳性麻痺だった兄が、8年前に39歳で亡くなって以来の大号泣でした」という。

市川由紀乃5.jpg
諦めなければ夢は叶う、と話す市川

 31日の歌唱曲は最新曲の「心かさねて」に決まっているが、歌う順番はまだ知らされていないという。「今はドキドキです」と市川。
 また「当日は、永遠のアイドルで憧れの人でもある松田聖子さんに、ステージでお会いできるのがうれしいし、また私のライブにも来てもらっている星野源さんにお会い出来るのも楽しみです」と、晴れの舞台を存分に楽しみたい様子である。

 NHKの番組でも共演している五木ひろしは、番組中のビデオで「先輩たちの歌をしっかりと歌えるかが勝負になる。これからがスタート。大きく花を咲かせてほしい」と、メッセージを寄せていた。

■引っ込み思案な歌姫

 番組では歌手市川由紀乃への道のりや、プライベートな趣味にも話が及んだ。
 本格的に歌手を目指す一番のきっかけは、15歳でNHKのど自慢に出場して今週のチャンピオンに選ばれたことだった。
 引っ込み思案な市川はそれまで、演歌歌手になりたいと思っていても、1人ではカラオケ大会に出ることも出来ず、いつも母親と一緒にステージに立っていた。誰からもレッスンを受けることもなく、自宅でこっそりと歌っていたし、大会の会場では声出しは電話ボックスに母親と一緒に入って、受話器を持って電話をかけるふりをしながら練習していたほど。

市川由紀乃3.jpg
NHKのど自慢に出場して今週のチャンピオンになった15歳の市川由紀乃

 「目立たない子供でしたが、カラオケ大会ではたくさんの野菜や電気製品がもらえるので、家族が喜んでくれるのがうれしかったです」

 歌は誰もが太鼓判を押すほどだったようである。

 のど自慢に出て、しばらくして開かれたカラオケ大会で、音楽事務所の社長に出会い、作曲家の市川昭介の門下生となった。デビューは17歳だった。デビュー曲は「女のまつり」

 「カメラの前では顔が引き吊ったり、人前で笑えないために、祭りの歌なのに私の表情は全然楽しそうじゃないんです。レコーディングではディレクターがガラス越しに踊って、リラックスさせてくれていました」

 そんな市川だが、3年後に出した「越後絶唱」では、NHK第6回新人歌謡コンテストで優秀賞を獲っている。

■突然の休業

 ところが市川は2002年、25歳の時に突然、歌手を辞めることを決意する。
「いろいろと精神的に追い詰められて、このままでは心まで壊れしまいそうで、歌の道から手を引くことを決め、天ぷら屋さんで働きました」
 4年半、歌の世界から身を引いていたが、働いていた天ぷら屋の女性店長の勧めで、店を辞めて復帰を目指すことにした。

市川由紀乃4.jpg
歌唱する市川由紀乃

 市川昭介のもとへ戻った彼女を、新人として一から指導したが「迷いもなく歌えている」と笑顔で受け入れた。復帰作は「海峡出船」だった。
 番組ではこの楽曲と「心かさねて」の2曲を歌った。スタジオやガラス越しの外には多くのファンが、それに聴き入っていた。

■熱烈スー女

 ところで市川は中学時代から熱烈な相撲好き女子の「スー女」だという。贔屓の力士は舞の海で、追っかけをするほどのファン。
 「技のデパートといわれた素晴らしい技量と顔、姿に一目惚れでした。ビデオを繰り返し見たり、女将さんになったらなんて、妄想を描いていました」


[市川由紀乃 オフィシャルサイト]
http://www.primecorp.co.jp/yukino-ichikawa/
[市川由紀乃 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=13522








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽