So-net無料ブログ作成

エクシング、カラオケルームを「歌う」ハコから「みる」ハコへ 開演中の公演を生中継配信するライブ・ビューイング  今冬から本格サービス [カラオケ]

◆通信カラオケのジョイサウンドを展開するエクシング(名古屋市、水谷靖社長)が2019年6月26日、大阪市淀川区の新大阪イベントホール レ・ルミエールでジョイサウンド新商品展示会を開き、先週発売したばかりのライブ・ビューイング機能搭載の通信カラオケ機器「JOYSOUND MAX GO」を使った、開演中のコンサートなどを生中継配信する新機能などを取引先にアピールした。

ジョイサウンドMAX GO.jpg
ジョイサウンドMAX GO 2.jpg
ライブ・ビューイング機能を搭載したエクシングの新カラオケ機「JOYSOUND MAX GO」

 JOYSOUND MAX GOの目玉はライブ・ビューイング機能。年間約200公演のライブ・ビューイングを行うライブ・ビューイング・ジャパン社(東京都渋谷区、豊田勝彦社長)のライブ・ビューイング機能を搭載しており、これを設置したカラオケルームで生中継を行う。
 当日、足を運べなかった人たちにはディレイ・ビューイングという見逃し配信のサービスも用意している。

 2019年冬には全国のJOYSOUND MAX GO導入店舗でのライブ・ビューイングを本格始動させる、としている。

 ライブ・ビューイングは今までは、もっぱら映画館などで行われてきた。全国のカラオケ店舗に裾野を広げることで、比較的カラオケの利用が少ない夕方から午後9時ぐらいの時間帯に生中継することで、カラオケルームの利用者が増えるものと見込んでいる。
 さらには「普段、カラオケルームに来ない人を取り込んだり、コンサートで聴いた歌を歌ってみたくなる」(同社)などの相乗効果も狙っている。

 同社では設置されたカラオケルームを「みるハコ」として、RecTV社が持つミュージックビデオ約3000曲も配信していく。

ジョイサウンド新商品発表展示会.jpg
たくさんの人で賑わった新商品展示会のもよう

 また従来のカラオケ機能も改善しており、 JOYSOUND MAX GOは採点画面をリニューアル。歌唱に合わせて動く譜面を今までの画面上部から下に移動させ、歌詞テロップの文字をユニバーサルデザインフォントに変えて見やすくした。しかもこれらの表示が、画面の人の顔にかからないようにした。


 カラオケルームの利用は「昼間利用は増えているが深夜の時間帯は減少している」(同社営業本部安井正博特販営業部長)ことから、同社ではカラオケルームを歌うハコから見るハコへと機能を拡大することで、利用者の拡大を狙っていく。


[エクシング]
https://xing.co.jp/








nice!(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 4