So-net無料ブログ作成

演歌ジャックス  7月放送分を収録 元看護師の入山アキ子と元トラック運転手の竹村こずえがゲスト [テレビ]

◆共に前職を投げうって歌手デビューした入山アキ子竹村こずえをゲストに迎えて、奈良テレビ放送、J:COM11chなどで放送中の音楽番組「演歌ジャックス」の7月放送分の番組収録が、2019年6月5日、大阪市内で行われた。山口百恵や中森明菜のような格好いい女性の歌を再現させたかったという入山の「みだれ舞い」は、彼女がデビュー10年目にして大変身をはかった悪女シリーズの第2弾。竹村の「涙の鏡」は、女性がふと見せる弱さを見事に表現した、彼女が初めて挑戦する新境地の楽曲。聴き応え十分である。

竹村こずえ 2.jpg入山アキ子 4.jpg
7月のゲストの竹村こずえ(左)と入山アキ子


 この日、最初のゲストは日本クラウンの竹村こずえ。デビュー6年目である。デビュー前には10トントラックの運転手をして子育てをしたシングルマザーである。半年前には初孫も誕生したという若い<おばあちゃん>でもある。2019年3月27日に出した新曲のカップリング曲には、そんな自分自身に重ねて歌う「孫が生まれる」を収録する。竹村は「可愛いし責任感もないし、自分の子供とはちょっと違った感覚ですね」と、目を細める。

竹村こずえ.jpg竹村こずえ 3.jpg
竹村こずえ

 メイン曲の「涙の鏡」 はカップリング曲と共に、作詞が麻こよみ、作曲は徳久広司といった売れっ子コンビである。主人公は女性だが「結構男性にも共感してもらっています」といい、人前では見せられない女の弱い一面を歌っている。1人の女として竹村もまた「まさにこの通りだな、と思っています」と、自分を見つめながら歌う。

 新曲発売記念ライブを19年6月17日に大阪・堂山のライブハウス、umedaTRADで開く。三味線の弾き語りも聴かせる。

  

 テイチクエンタテインメントの入山アキ子は元看護師。13年間、胸部外科で働いていたという。歌手歴よりもまだ、看護師歴の方が長いから「今でも具合の悪い人を見つけるのは得意です」と周囲を笑わせる。眠れない患者にベッドの側で歌っていたというほどの歌好きが高じてプロの道に進む。

 歌手になってからも年間99ヶ所を目標に、各地の福祉施設や病院を訪問して歌を届けている。昨年は88ヶ所を訪ね、今年もすでに40ヶ所を超える数の場所で元気と笑顔を贈り続けている。

入山アキ子 2.jpg入山アキ子 5.jpg
入山アキ子

 2019年5月15日に出した新曲「みだれ舞い」は、前作「悪女の季節」から続く悪女シリーズ第2弾。天使のように優しい女性も、取り扱いを間違えると悪女になってしまう、男性にとってはちょっと辛いような歌である。
 ♪ 愛した女性は夜叉になる 〜 、しかも ♪ この恋だけは 諦めきれないの 〜 と、女の執念の強さも見せる。それでも「楽しんで歌える作品です」とも。

■多彩なトークコーナー

 「演歌ジャックス」はゲスト、レギュラーの歌手による歌のほかに、トークコーナーがいくつかある。7月放送分の「演歌!うた仲間」では、自己PRがテーマ。ファンキー・コバは近く3枚目のCDを出す話をする。




【レギュラー出演者と歌唱曲】

MARI 2.jpg
MARI「男と女の第2章」「ダンスDEムーチョ」
小川リエ.jpg
小川リエ「浪花の一番星」
TAIKI.jpg
TAIKI「薔薇のほほえみ」
山田壽一.jpg
山田壽一「日向恋しや」
岩井都美子.jpg
岩井都美子「季節の中で」「五番街のマリー」
Monet.jpg
Monet「笑顔の季節」「私のすべて」
岩本やすし・松坂笑理子.jpg
岩本やすし・松坂笑理子「なつかしの同窓(クラス)会」
林田夏美.jpg
林田夏美「命くれない」
中村さおり.jpg
中村さおり「異邦」
NO IMAGE.jpg
竹中香世「悪あがき」
NO IMAGE.jpg
あたりめ「お寿司が食べたい」

小池史子.jpgファンキー・コバ 2.jpg
司会: 小池史子(左)とファンキー・コバ


演歌ジャックスの放送日

奈良テレビ放送 毎週水曜日 午後2時放送
J:COM 11Ch 毎週火曜日 午前10時放送
九州宮崎 12Ch 毎週月曜日 午前8時放送(再放送・月曜日~日曜日計10回)
天草ケーブルネットワーク 毎週月曜日~金曜日 午後4時放送
兵庫養父市CATV 毎日午後5時(再放送・同6時)


[メディアジャックス]
http://www.mediajacks.jp/








nice!(5) 
共通テーマ:音楽

nice! 5