So-net無料ブログ作成

MARI(アクトラスレコード)  新元号改元記念ライブ  新時代に飛躍の想いを込めて歌った 大阪・ベロニカ [ライブ]

「男と女の第2章」で2018年にCDデビューしたアクトラスレコードの歌手、MARIが2019年6月2日、大阪・京橋のライブレストラン、ベロニカで「祝 新元号記念ライブ」を開き、メドレーを含めて25曲を歌い「皆さんに歌の心を伝え、幸せを届けて行きたい」と語りかけた。

MARI.jpgMARI 2.jpg
令和の新時代への想いを込めた「祝 新元号記念ライブ」で歌うMARI


 オープニングは全員が起立して国歌「君が代」の斉唱で新時代への意気込みを見せた。歌謡曲のライブでは極めて稀な国歌斉唱は、集まった人たちを驚かせていた。しかも続く2曲目は邦楽の「越天楽 今様」をアカペラで歌うといった具合で、いかにも多才な彼女ならでの構成を見せた。

 さらには四季を歌った童謡と抒情歌をメドレーで歌うなど、冒頭から日本を感じさせる歌を揃えた。

MARI 3.jpg
「越天楽 今様」など邦楽で幕を開けたライブ

 MARIは奈良テレビ放送やJ:COM11chなどで放送されている音楽番組「演歌ジャックス」にレギュラー出演している。その彼女がCDデビューしたのは18年1月。その直後に今回と同じ会場で、デビューライブを開いている。

 新元号改元記念ライブのラストでは「男と女の第2章」とカップリング曲の「ダンスDEムーチョ」を歌った。CD未収録曲も披露してファンを喜ばせていた。

MARI 6.jpg
ハイトーンでカバー曲も聴かせた

 彼女はデビュー前にストリートライブを行うなど、機会あるたびに数多くのカバー曲を歌ってきている。この日は大好きな歌手だという小柳ルミ子の作品から「京のにわか雨」などを、また由紀さおりの「夜明けのスキャット」もカバーして、自身のハイトーンをアピールした。

 デビューして1年が過ぎた今も「夢にも思っていなかったことだけに感慨無量の想いでいっぱい」といい、さらに「ひとつずつステップアップして、歌の心をしっかりと届けていきた」と、話していた。









nice!(5) 
共通テーマ:音楽

nice! 5