So-net無料ブログ作成

辰巳ゆうと(ビクターエンタテインメント) 高い人気に支えられてセカンドシングル 「おとこの純情」 歌謡浪曲にも挑戦中 [インタビュー]

辰巳ゆうと.jpg◆ビクターエンタテインメント期待の新人、辰巳ゆうとが、2019年3月27日にデビュー2枚目のシングル 「おとこの純情」を出している。それに先駆けて3月23日には東京・赤羽で初のワンマンコンサートも開いて、多くの観客を沸かせた。去年は第60回日本レコード大賞最優秀新人賞も受賞。それを受けての今年は「歌を聴いてくれる人たちに満足してもらえるように、1曲1曲を(大切に)歌っていきたい」と意欲を見せる。



辰巳ゆうと・おとこの純情.jpg









「おとこの純情」Aタイプ

 前作のデビュー曲「下町純情」は、高校生の主人公をイメージしたものだったが、今作の「おとこの純情」はそのタイトルからも伝わるように、21歳になった辰巳自身と重ね合わせ「成長した自分を見てほしい」とアピールする。

 作曲は徳久広司である。
 徳久が歌うデモ歌唱を聴いて、その「ダンディで渋い歌」に圧倒された辰巳だが、
 「若さだけの自分の取り柄を前面に出して歌おう」と、開き直ってレコーディングに入った。

辰巳ゆうと44.jpg

 ファーストコンサートを開いた赤羽は、彼がデビューする以前にストリートライブを行なっていた懐かしい街。そこのホールに満員の600人を集めて、オープニングで「おとこの純情」を発売に先駆けて披露した。
 発売日の27日には、埼玉県内のショッピングモールでの歌唱キャンペーンで3回のステージを務めた。それぞれ200人を超えるファンが詰めかけ声援を送るといった盛況ぶり。
 「新人賞をもらってから、同世代の人たちはもちろんですが、10代30代の人たちにもたくさん応援に来てもらえるようになりました」

 とりわけ女性ファンからの人気は高く、新曲発売翌日の神戸でのキャンペーンライブでも、ペンライトを振って応援する人たちが目立った。
 <ゆうとコール>に迎えられて、ジャケット写真と同じ衣装でステージに登場した辰巳は、早速「おとこの純情」を熱唱してファンを喜ばせた。客席も回って観客とハイタッチして、歌手・辰巳ゆうとをアピールしていた。

■全国47都道府県踏破へ

 辰巳は東京都内の大学に通う学生歌手である。幼い頃からの憧れだった歌手になって1年、彼は今、どのような想いなのだろうか。
 「思っていた以上に演歌歌手って大変だということが分かりました。歌のレッスンはもちろんですが、慣れないメイクもすべて自分でしています。ノドの調子も常にいい状態を保たなければいけないので、いろんな方法を試しています。このように皆さんからは見えない部分で、かなり努力をしているんですよ」

 そう言って笑って見せる辰巳にとって、化粧は歌手になって初めての経験であった。
 ニキビが出来た時の隠し方など、母親に尋ねることも多いという。

 歌でも、三波春夫が歌った「俵星玄蕃」など歌謡浪曲にも挑戦する。小学生の頃からカラオケ喫茶店で歌っていたという。今は三波の長女、三波美夕紀から歌と振り付けの指導を受けて、自らの歌の幅を広げようと取り組んでいるところである。

辰巳ゆうと2.jpg

 今年は47都道府県の全国踏破を達成するのが目標。
 「仕事で訪ねた先の人たちの縁をもらうことで、青春歌謡曲や演歌っていいなぁ、と思ってもらえるとうれしいですね」
 すでに15都道府県へは足を運んでいるが、まだ先は長い。

 大阪・藤井寺市出身の彼は、地元関西にはもう何度も帰ってきている。
 「皆さんが熱い応援をしてもらって、僕のハートも熱くなり、うれしいです。多くの人に新曲を知ってもらって1歩1歩ステップアップして行きたい」

 今年も辰巳からは目が離せないようである。






[辰巳ゆうと オフィシャルサイト] https://www.nagarapro.co.jp/top/artist/artist.php?id=98
[辰巳ゆうと ビクターエンタテインメント] https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025361.html








nice!(5) 
共通テーマ:音楽

nice! 5