So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

チョン・テフ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  おめでとう45歳!  1日早いバースデーライブ  大阪・フラミンゴ・ジ・アルーシャ [ライブ]

◆徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、チョン・テフが2019年1月12日、大阪・桜川のライブレストラン、フラミンゴ・ジ・アルーシャで、1日早く45歳の誕生日をファンと一緒に祝う「バースデー パーティ」を昼夜2回開いた。昼の部では、新曲の「合鍵迷子」や誕生日に相応しく人生について考える楽曲を集めてカバーするなど全12曲を歌った。

チョン・テフ2.jpgチョン・テフ7.jpg


 オープニングは五木ひろしの新曲「Viva・ La ・vida! 〜生きてるっていいね〜 」。命の尊さを歌ったこれを、自身が2006年に来日して、苦しいことを乗り越えて13年にはメジャーデビューを果たしたのも「応援してくれるファンの皆さんがいてくれたから」といった想いを込めて選曲した。

チョン・テフ9.jpg
チョン・テフ6.jpg

 そうしたメッセージをステージから伝えると、客席からは「良く頑張ったよ」と労いの言葉も。彼はステージに座って頭をつけるといった韓国式の最上級のポーズで感謝の意を表した。

チョン・テフ3.jpg
チョン・テフ4.jpg


 テフは「デビューしてからずっと、これで良いのかといった迷いがありました。それを吹っ切り、去年、全国8ヶ所で単独コンサートを開けるまでになったのも、皆さんのお陰でした。これからも期待を裏切らない僕でいたい」と、熱く語った。

チョン・テフ.jpgチョン・テフ5.jpg


 この日、歌ったのはオリジナル曲が新曲の「合鍵迷子」とカップリングの「レイン・ストーリー」前作の「愛の銀河」の3曲。カバー曲はオリジナルアレンジバージョンで「シルエットロマンス」を伊勢佐木町ブルース」など。
 何歳になってもあなたのこどもです〜と歌う八代亜紀の「一枚のLP盤」も聴かせ、今まで生きてきた道のりを振り返っていた。

チョン・テフ011.jpgチョン・テフ012.jpg


 終演後、観客を1人ひとり見送るテフは「良い歌を命ある限り歌い続けていきたい」と応えていた。


[チョン・テフ オフィシャルサイト]
http://jungtaehu.com/
[チョン・テフ 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/enka_top/jung-taehu.html







nice!(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 6