So-net無料ブログ作成

「演歌ジャックス」、2月放送分を収録 松永ひとみ・チョン・テフがゲスト歌唱 [テレビ]

◆日本クラウンの歌手、松永ひとみが「歌っていると楽しく元気にしてくれます」と新曲をアピールすると、徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、チョン・テフは「前作に次いでかなわない恋を歌っています」と女性ファンの心をくすぐっていた。2019年1月9日、大阪市内で行われたテレビ番組「演歌ジャックス」(奈良テレビ放送、J:COMなどで放送中)の2月放送分の収録でゲスト歌手の2人が、それぞれの歌の魅力を語った。

松永ひとみ2.jpgチョン・テフ2.jpg
最新曲の魅力について話す松永ひとみ(左)とチョン・テフ


 松永ひとみが歌う「歌の神さま !!」は、2年半ぶりに2018年10月に出した新曲。松永の父親は青森・八戸市で鮨店を営んでいたが「子供のわたしが店で騒いでいると父からうるさいと叱られ、そのたびに祖父の膝の上へ駆け込んで、流れてくる演歌を聴いていました」という彼女の幼い頃の想い出が歌詞には登場する。
 「詞を書いて下さった吉田旺先生に、いつそのような話をしたのか記憶にないのですが、歌は自分自身と重なってきます。そんなわたしの人生と、全国の歌好きの皆さんに感謝をささげる応援歌になっています」

松永ひとみ4.jpg

 今年デビュー28年目の松永は、この歌で「30周年の節目に向けて、たくさんの人たちにお会いしたい」と、意欲を見せていた。


 韓国出身のチョン・テフが日本にやって来たのは2006年。「さそりの涙」で徳間ジャパンコミュニケーションズからメジャーデビューしたのは2013年だった。同郷でキングレコードの歌手、パク・ジュニョンは8歳年下だが、日本では彼が1年先輩になる。兄弟のように大の仲良しという関係である。
 その彼と2019年4月29日、名古屋市芸術創造センターで「平成サヨナラコンサート」を開く。その平成30年8月にメジャー6作目として出したのが今作の「合鍵迷子」である。作詞家松井五郎が情熱的な女心を書いて、テフの魅力を引き立てている。

チョン・テフ.jpg

 正月には韓国へ帰省しているが「2日もいると日本が懐かしくなってきて、落ち着かなくなります」と、すっかり日本人になりきっているようである。


[レギュラー出演者と歌唱曲]
MARI.jpg
MARI「男と女の第2章」「ダンスDEムーチョ」
秀彦&聖子.jpg
秀彦&聖子「あなたに夢を」「東京シルエット」
小川リエ.jpg
小川リエ「浪花の一番星」
岩井都美子.jpg
岩井都美子「バナナボート」「酒場にて」
Mnet.jpg
Monet「笑顔の季節」
青海涼.jpg
青海涼「夢恋街」「射手座の女」
紘呂しのぶ(代歌・松坂実理子)&KEN(引地賢治).jpg
紘呂しのぶ(代歌・松坂実理子)&KEN(引地賢治)「今でも好きよ」
岩本やすし.jpg
岩本やすし「保護犬パフィ」
白鳥まゆ2.jpg
白鳥まゆ「うたかた 〜Love me tonight〜 」
小池史子.jpgファンキー・コバ.jpg
小池史子(司会、左)ファンキー・コバ(同)


演歌ジャックスの放送日

奈良テレビ放送 毎週水曜日 午後2時放送
J:COM 11Ch 毎週火曜日 午前10時放送
九州宮崎 12Ch 毎週月曜日 午前8時放送(再放送・月曜日~日曜日計10回)
天草ケーブルネットワーク 毎週月曜日~金曜日 午後4時放送
兵庫養父市CATV 毎日午後5時(再放送・同6時)


[メディアジャックス]
http://www.mediajacks.jp/







nice!(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 7