So-net無料ブログ作成

浅田あつこ(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 25周年記念クリスマスディナーショー 好調新曲「いさりび鉄道」など歌う 大阪梅田・ホテルモントレ大阪 [イベント]

◆徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、浅田あつこが2018年12月18日、大阪・梅田のホテルモントレ大阪で、デビュー25周記念クリスマスディナーショーを開いた。集まった200余人を前に、同5日に出した新曲「いさりび鉄道」など21曲を歌い「新曲は反応も良くてヒットの予感がします。多分行くで~」と、意欲を見せた。

浅田あつこ5.jpg浅田あつこ8.jpg
ウェディングドレス姿も見せた浅田あつこ


 ショーのオープニングで披露したのは「いさりび鉄道」。この楽曲はデビュー25周年記念シングルで、作詞鈴木紀代、作曲は杉尾聖二、編曲を伊戸のりおが担当。3連のリズムが心地よく、オリコン初登場では14位。12月24日付の第2週でも26位と上位にランキングされているなど、評判は上々である。

浅田あつこ010.jpg浅田あつこ2.jpg
4度も衣装を替えての熱演

会場にはこの曲を書いた北海道在住の作曲家の杉尾聖二が顔を見せてエールを送った。

浅田あつこ・杉尾聖二.jpg
北海道から作曲家の杉尾聖二(右)も駆けつけた

 この日は「20年以上も弾いていない」と、浅田がいう琴の演奏にも挑戦して見せた。弾いたのは「能登の舟唄」(1997年)のカップリング収録曲「京紅」のイントロ。それに続いて1番を歌唱した。
 客席から3人をコーラス役に選んで「河内おんなのバラッド」(2013年)を聴かせるシーンもあって、観客は大喜び。

浅田あつこ4.jpg
久々に琴を演奏
浅田あつこ・コーラス.jpg
ファンのコーラスで歌う浅田

 25周年を祝って浅田と親しいゲストがステージに上がった。
 その1人は1980年代に放送された萩本欽一らによるバラエティ番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」でフツオ役で出演したのをきっかけに、番組共演の2人と結成したイモ欽トリオで歌った「ハイスクールララバイ」(1981年)が大ヒットした長江健次。
 同曲を歌って「あっちゃんが紅白に出場する時には、後ろで踊るわ」と、会場を沸かせた。

浅田あつこ・長江健次.jpg
懐かしい<フツオ>(左)による「ハイスクールララバイ」

 もう1人はテイチクエンタテインメントの歌手、おおい大輔。最新曲の「おとこ人生夢芝居」を歌って、浅田の25周年を祝った。

おおい大輔.jpg
おおい大輔

 浅田は4度の衣装替えをして、「いさりび鉄道」とカップリング曲の「河内のおとこ」のほかデビュー曲の「想い花」から10周年記念曲「紅い川」15周年記念曲「鯨(いさな)の浜歌」などオリジナル曲、「無法松の一生」などカバー曲も披露した。

浅田あつこ3.jpg
来年も同じ会場で演ります-とアピール

 早くも来年のクリスマスディナーショーも「2019年12月17日に同じ会場で行うことが決定しまた」と開催を告知した。浅田はラスト曲に「ありがとう」を歌って、今年最後のビッグイベントの幕を閉じた。


[浅田あつこ オフィシャルサイト]
http://www.anchi.tv/top.html
[浅田あつこ 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/enka_top/asada.html







nice!(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 6