So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パクジュニョン、「ブリキの玩具」カラオケコンテスト決勝大会 in 大阪  愛知の徳永京子さんが優勝 [イベント]

◆2018年6月にリリースした「ブリキの玩具」(A、Bタイプ)が好評なのを受けて、10月23日に同Cタイプを出したばかりのキングレコードの歌手、パク・ジュニョンが、同27日、大阪府岸和田市のショッピングセンター、イオン東岸和田店内の専門店街・トークタウンで、「ブリキの玩具」のカラオケコンテスト決勝大会を開いた。ジュニョンのミニライブも行われ、買い物客が足を止めるなど、約600人もの観衆が彼の歌に聴き入っていた。

パク・ジュニョンからトロフィーを受け取る徳永京子.jpg
パク・ジュニョンからトロフィーを受け取る優勝した徳永京子さん
パク・ジュニョン2.jpg
ミニライブで「ブリキの玩具」を歌うパク・ジュニョン


 コンテストには事前の審査を勝ち抜いた、いずれも負けず劣らないジュニョンの大ファンという10人が出場し、それぞれ1コーラスずつ「ブリキの玩具」を歌ってチャンピオンを競い合った。

 ジュニョンを担当するキングレコードの渡邉曜介プロデューサーらが審査した結果、優勝したのは愛知県大府市の徳永京子さんで、OBC(ラジオ大阪)ミュージックセンターの三谷良二制作本部長から表彰状が、ジュニョンからはトロフィーが贈られた。
 準優勝には鳥取県琴浦町の松本幸一さん、特別賞は大阪府東大阪市の吉岡亮仁さんと北海道苫小牧市の安保政之さんが、それぞれ選ばれた。

優勝・徳永京子.jpg
優勝の徳永京子さん
準優勝・松本幸市.jpg
準優勝の松本幸市さん
特別賞・吉岡亮仁.jpg特別賞・安保政之.jpg
特別賞の吉岡亮仁さん(左)と安保政之さん


 渡邉プロデューサーは「たくさんの中から選ばれただけに、素晴らしい内容のコンテストでした」と総評。審査員の1人、三谷OBCミュージックセンター制作本部長は「女心をどのように歌われるのかを楽しみに聴かせてもらいました」と、選考のポイントを説明していた。

 審査が行われる間にはパク・ジュニョンのミニライブが行われた。最新曲の「ブリキ玩具」をはじめ、同Cタイプに収録されているカップリング曲「愛は腕の中」「ゴンドレマンドレ」の2曲も披露していた。「ゴンドレマンドレ」はライブなどで歌っていた、楽しく元気になれる韓国の歌で、ファンからも評判が良く、今回初めてCDに収録した。

パク・ジュニョン3.jpgパク・ジュニョン4.jpg
ミニライブで歌うパク・ジュニョン
パク・ジュニョン ゴンドレマンドレ.jpg
ノリのいい「ゴンドレマンドレ」で歌って踊るジュニョン

 ジュニーは新曲をリリースするたびにカラオケコンテストを開催してきているが、「皆さんにとても美味く歌ってもらってうれしかったです。歌は個性や表現力が大切で、僕にとっても、参加した人たちがどのように感情を入れて歌われるのかが勉強になりました。僕も出場者の1人になった気持ちで一生懸命に歌いました」と話していた。

 パク・ジュニョンは今年、浅草公会堂で2度もコンサートを行ったが、来年にかけては「全国各地でホール・ツアーコンサートもやってみたい」と意欲を見せていた。

パク・ジュニョン入賞者と審査員.jpg
パク・ジュニョン(中央)「ブリキの玩具」カラオケコンテスト大阪決勝大会の入賞者と審査委員


 また「愛は腕の中」では、新たなカラオケコンテストを実施することも明らかにした。
 同曲のカラオケ歌唱を録音したCD、テープをキングレコードの「愛は腕の中カラオケコンテスト」係へ送ると、審査で選ばれた優秀歌唱者を2019年4月6日、同社関口台スタジオに招待する。
 そこで当選者自身が歌う「愛は腕の中」のレコーディングを体験し、録音したCDをプレゼントしてもらえる。応募締め切りは2019年2月28日。
 詳しくは「ブリキの玩具」Cタイプの封入されている応募要領に書かれている。


[パク・ジュニョン オフィシャルサイト]
http://www.go-go-juny.com/
[パク・ジュニョン キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=43971






nice!(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 7