So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018にっぽんうたまつり、カラオケコンテストグランプリに17歳の高女生徒 水森さんのような歌手になりたい [イベント]

日本レコード商業組合関西支部(支部長=東幸作ヤングレコード社長)が2018年5月から行ってきた販促イベントの2018年にっぽんうたまつりの締めくくりとなる、カラオケコンテスト決勝大会とその課題曲となったオリジナル曲を歌う歌手による歌謡ショーが、2018年10月22日、兵庫県尼崎市のあましんアルカイックホール・オクトで開かれた。カラオケコンテストでは17歳の高校2年、森田鈴音さん(兵庫県川西市)が優勝してグランプリの栄冠を手にし「水森かおりさんのような歌手になりたい」と、喜びの笑顔を見せていた。

にっぽんうたまつり2.jpg
2018にっぽんうたまつりのフィナーレ。出場者全員が勢ぞろい
笑顔で表彰状とトロフィーを手にする森田鈴音さん.jpg
笑顔で表彰状とトロフィーを手にする森田鈴音さん


 課題曲17曲を対象にしたカラオケコンテストには1000件を超える応募があり、1次予選、地区予選、最終選考会を経て、この日は課題曲1曲につき1人の計17人が出場して、グランプリを競い合った。

にっぽんうたまつり・12森田鈴音.jpg
カラオケコンテストでグランプリを受賞した森田鈴音さん

 それぞれ2コーラスを歌唱し、審査委員長のもず唱平、東支部長ら4人の審査員による判定に結果、グランプリには「くちなし雨情」(杜このみ)を歌った森田鈴音さんに決定した。東支部長から賞状と盾が手渡され、歌謡ショーに3年連続出演した石原詢子(ソニーミュージックダイレクト)からは花束が贈られた。石原は「ぜひこの世界に入って来てください」と、先輩歌手としてエールを送っていた。

 森田さんは「練習通りに歌えましたが、優勝できるとは思っていなかったのでうれしいです。夢は水森かおりさんのような演歌歌手になることです」と、喜びをかみしめていた。

にっぽんうたまつり・10筒井あき子.jpg
優秀歌唱賞の筒井あき子さん

 このほか優秀歌唱賞には「母なる海よ」(大月みやこ)を歌った大阪府摂津市の筒井あき子さん、審査員特別賞には「会津追分」(森山愛子)を歌った三重県桑名市の山本のりこさん、奨励賞には「北のひとり星」(走裕介)を歌った和歌山県田辺市の倉山亮介さんが、それぞれ選ばれた。

にっぽんうたまつり・16山本のりこ.jpgにっぽんうたまつり・11倉山亮介.jpg
審査員特別賞の山本のりこさん(左)と奨励賞の倉山亮介さん

 審査委員長の作詞家もず唱平は「年々レベルが上がっています。森田さんにはレコード会社を紹介したい」と笑顔で総評していた。


石原詢子.jpg椎名佐千子.jpg
石原詢子(左)と椎名佐千子

 課題曲歌手のうち、出演したのは石原詢子、椎名佐千子(キングレコード)葵かを里(徳間ジャパンコミュニケーションズ)走裕介(日本コロムビア)三丘翔太(テイチクエンタテインメント)辰巳ゆうと(ビクターエンタテイメント)一条貫太(日本クラウン)の7人。それぞれ課題曲を含めて2~4曲を歌った。

葵かを里.jpg走裕介.jpg
葵かを里(左)と走裕介
三丘翔太.jpg辰巳ゆうと.jpg
三丘翔太(左)と辰巳ゆうと
一条貫太.jpg
一条貫太

 石原は歌手を目指して上京する際に父親と交わした約束事などデビュー前のエピソードも披露。来年デビュー10周年を迎える走は「楽屋が同じだった若手歌手3人は全員が20代前半、僕は20歳の時にはまだトラック運転手をしていました」と、会場を和ませていた。







nice!(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 7