So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

真木ことみ〔日本クラウン〕   「眠る貝殻」「火の河」   今回も歌謡曲・演歌2作品を同時発売  カラオケ映えする演歌と新しい真木を感じさせる歌謡曲作品 [インタビュー]

真木ことみ.jpg◆日本クラウンの歌手、真木ことみが2018年6月に歌謡曲「眠る貝殻」と演歌「火の河」の2作品をリリースした。去年秋に出した前作と同様に、2枚同時発売だった。演歌の真木ことみが、歌謡曲も歌うといったイメージが少しづつ浸透しているようだ。オシャレな感覚の歌謡曲、強烈な愛情を表現した歌詞が印象的な演歌。どちらも魅力的であるが、とりわけ「火の河」は「イントロからかっこよく歌の世界に入っていけます。カラオケでも歌い映えする歌です」と、たくさんの人たちに歌ってもらえるように呼びかけている。








 「2年続けて歌謡曲と演歌を同時に2枚同時に出してもらえるのは幸せなことです」
これによって「真木ことみは演歌だけではなく歌謡曲も歌えることを、多くの人たちに知ってもらいたい」と意欲を燃やす。
 自身のコンサートなどではしばしば、高橋真梨子やテレサ・テンなどの作品を歌っており、プライベートな時間にも口ずさむのは歌謡曲であったりする。

真木ことみ・眠る貝殻.jpg真木ことみ・火の河.jpg
歌謡曲の「眠る貝殻」(左)と演歌の「火の河」

 「眠る貝殻」は、オシャレな感覚の歌謡曲。 心が死んでしまったような辛い気持ちを抑えて、淡々と歌うと一段とムードが高まるという。
 演歌の「火の河」は、昨年末に発売したアルバム「プレミアムベスト」に収録した新録オリジナル曲のひとつであった楽曲。「演歌っぽくないところが良いようで、たくさんの人たちに受け入れられているようです」と真木。

 確かに多くのファンからシングル化の要望が多かったという。それに応えて、このほど実現した。

 ♪ あなたとならば火の河を泳ぐ魚になりましょう 〜 の歌詞が印象的で、男性に向ける強い愛を歌っているが、真木は「そうした強さと共に、女性が持つ優しさも併せて表現しています」と説明している。

真木ことみ3.jpg

 真木の歌は低音に魅力があると言われる。
 「声は女性にしては低いと言われています。低音が美空ひばりさんのキーに近いこともあるので、ステージではひはりさんの歌をカバーさせてもらうことがあります」
 歌謡曲の「眠る貝殻」では、その低音が打ちひしがれた主人公の気持ちをうまく表しており、今までにない彼女を感じさせる作品になっている。

 この「眠る貝殻」のカップリング曲「虹海(ななみ)」は、作詞が浦千鶴子。真木のマネージャーである。目標に向かって頑張る人たちへの応援歌としても評判が高まっている。「オリンピックのテーマソングにもなるような歌です」(真木)とも。

 真木は「今回も歌謡曲、演歌ともに素晴らしい楽曲をもらいました。全国の皆さんに聴いて歌ってもらいたいです」と話していた。





[真木ことみ オフィシャルサイト]
https://ameblo.jp/maki-kotomi/
[真木ことみ 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/maki/whats.html







nice!(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 6