So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

橋幸夫・林よしこ(ビクターエンタテインメント) ニューシングルはデュエット曲「君の手を」 2人のファンを招いて発表会開く  大阪、バナナホール [イベント]

◆2020年にデビュー60年目を迎えるビクターエンタテインメントの歌手、橋幸夫が、その記念の年へ向けてのステップと位置付けるデュエット曲「君の手を」を2018年7月25日に出し、同日、大阪・堂山のライブハウス、バナナホールで新曲発表会を開いた。大阪で新曲発表会を開くのはこれが初めて。

橋幸夫・林よしこ3.jpg
「君の手を」に全力投球する橋幸夫・林よしこ

 橋幸夫がデュエット曲を出すのは30年ぶりで、新たな相手役は関西を中心に活動する、同じビクターの歌手、林よしこ。彼女は島津ゆたかとデュエットした大ヒット曲「いい男! いい女!」以来の24年ぶりのデュエットとなる。

 橋が林とつないだ手を引っ張るようにしてステージに現れた。
 「彼女はいい手をしていましたよ。若いのにたくさんの人生の艱難を体験している人だからでしょうか。礼儀や礼節を知っており、生き様がいいですね」と、ベタぼめ。

橋幸夫.jpg林よしこ.jpg
年末の紅白に意欲を語った橋と林

 去年、大阪・新歌舞伎座で初めて林に会ってデュエットをした橋だが、その時の第1印象を「爽やかな声でした」と感じたが、まさかのデュエット誕生とは想像もしなかった。林も「このような大スターとデュエット出来るとは思いもしていませんでした。夢のようで、とても嬉しいです」と、天にも昇るようような面もち。


 新曲「君の手を」は、アメリカンポップス全盛だった1960年代の軽快なポップス調のオールディーズ風な楽曲。橋はジャケットにパンツといたラフなスタイルで現れ、林もポニーテール姿で60年代風のファッションとメイク。 
 ステージでは早速、新曲を披露した。

橋幸夫・林よしこ.jpg
2人のイニシャルはどちらも<YH>といった意外な共通項も

 橋幸夫盤、林よしこ盤の2枚を同時発売している。橋盤はサーフミュージック風の「サンシャイン」林盤は昭和歌謡風な「さよならだけが言えない」と、それぞれカップリング曲が異なっている。

 橋はこのデュエット曲で年末の紅白にも意欲を見せた。
 「紅白は出場回数19回で止まっていますが、20回目をこの『君の手を』で、しかも2人で出られるといいですね。命がけで店頭キャンペーンもしていきます」。
 75歳とは思えない、若々しく燃えていた。


[橋幸夫 オフィシャルサイト]
http://www.hyj.jp/
[林よしこ オフィシャルサイト]
http://www.hayashiyoshiko.jp/






nice!(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 4