So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「渡辺要物語 歌は心の港」第7回 長男誕生 [インタビュー]

渡辺要 2018.04.03.jpg◆この頃はまだ渡辺要の興味は歌よりも、鮨店の経営の方が大きかった。
 オープンした要鮨は連日のように順番を待つ人たちの行列が出来ていた。鮨店にしては珍しく「もういいわ、というほどにお客が来た」(渡辺)ほどで、街の人たちの間では「伝説的な繁盛ぶりだった」と、オープン時の盛況ぶりは長く語られ続けていた。

 それは彼のこだわりの成果でもあった。店舗は経営コンサルタントのセミナーにも参加して、念入りに話を聞き、インテリアなど一流の店作りをした。1フロア25坪の店は1階がカウンターとテーブル席、2階に個室を4部屋作って、支店経済の街と言われる高松の社用族が接待に使える高級店にした。

 3階は住まいにした。
 新店舗をオープンした翌年、1973(昭和48)年5月20日に長男愛一郎が誕生している。要が惚れて惚れて惚れぬいて一緒になった妻、千恵子との結婚生活8年目の時であった。

テレビ番組「歌に恋して」で歌う渡辺要(2018.4.3)

 桃栗3年柿8年ではないが、待ちに待った誕生の喜びを隠せない渡辺は、自転車のペダルを踏み、尻が痛くなるのも忘れて、約3時間をかけて実家がある香川県木田郡西植田村の、母親が眠る墓で長男の誕生を報告に行っている。

 「母は末っ子の要の子供を見るまでは死なれへん、と言いながら死んで行ったんですが、ようやく喜ばせることが出来ると思ったんです」
 母親の話をするとき、要の眼には涙が滲んでくる。
 報告を終えて、高松への帰りは「車に乗せてやる」という農家を営む兄・勇が、普段は農作業に使っている軽トラックに自転車を積んで、送ってくれた。

■6年間作り続けたパパ弁

渡辺要・鮨職一代.jpg 要と千恵子の間に出来た子供は愛一郎ひとりであった。それだけに宝物のように育てたのであったが、夫婦はどちらも気が強くて、引かない性格であったことから、愛一郎誕生前から良く衝突していた。
 喧嘩するたびに千恵子は東京の実家へ戻っている。

 「帰るたびに、僕が白旗を挙げて迎えに東京まで行くんですわ。すると女房は『ほら見なさい、私がいないと困るでしょ』と食ってかかってくるから、また喧嘩して、ひとりで高松に戻ったことしばしばでした」

 惚れて一緒になった仲やのに、2人はこうした衝突を何度も何度も繰り返している。


1991年3月リリースの「鮨職一代」は渡辺の鮨職人時代の意気込みを歌った
全すし連推薦曲にもなっている

 繁盛している鮨店のオーナーで、まだ30代の若さであったから要は、夜の街でも良くモテていたという。事実「誤解を招くようなこともあった」といい、愛一郎が小学2年になると、千恵子はついに息子を連れて東京へ帰ってしまい、2年もの間帰ってこなかった。

 千恵子の実家は東京・渋谷で乾物問屋をしていたが、渡辺が結婚を申し込んだ時にはすでにそこは倒産して、雨漏りがするような借家に引越しをしていた。彼女は7人兄妹の長女だった。
 結婚当初にそこを訪ねた要は、若くて勢いがあったのであろう、男気を出して「この家を建て替えてやると宣言したんです。当時は300万円もあれば家一軒が建っていたので、建て替えの頭金にと、取り敢えず50万円を渡して、家を建てた後のローンも毎月10万円ずっ支払った」という。

 千恵子が実家に戻るたびに、元軍人で頑固な父親は「要のどこが悪いんだ」と、自分の娘をたしなめていた。2年間もの期間、戻った時もそのように説得して、子供が4年生になる直前にふたりを高松に戻している。
 2人が帰ってホッと胸をなでおろしていた要だったが、それもつかの間、1ヶ月ほどして、今度は千恵子は子供と離婚届を置いて、またまたひとりで実家に戻ってしまったのである。

 それでも要は「いつか戻って来たときのことを考えて離婚届には印鑑を押さないで待っていた」が、商売をしながらの父子家庭は楽ではなかった。
 愛一郎には中学3年までの6年間、毎日弁当を持たせていた。朝6時に起きて弁当作りをして、それから子供と一緒に市場へ買い出しに行く。市場の食堂で朝ごはんを食べて学校へ行かせるという毎日であった。


続く


「渡辺要物語 歌は心の港」第6回
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2018-04-24
「渡辺要物語 歌は心の港」第5回 四国1番の鮨店になる
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2018-02-09
「渡辺要物語 歌は心の港」 第4回 名物穴子鮨
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2018-02-04
「渡辺要物語 歌は心の港」 第3回 1番店へ
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2018-02-03
「渡辺要物語 歌は心の港」 第2回 「要鮨」開店
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2018-02-02
「渡辺要物語 歌は心の港」 第1回 大阪・法善寺横丁の寿司屋で修業
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2017-11-28
「渡辺要物語 歌は心の港」  プロローグ
http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2017-11-23







nice!(8) 

nice! 8