So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

演歌ジャックス、湯原昌幸・黒川英二をゲストに5月放送分を収録 新曲「風のララバイ」「俺を咲かせてくれた花」を披露 [テレビ]

◆ミリオンセラー「雨のバラード」湯原昌幸(テイチクエンタテインメント)がニューシングル「風のララバイ」を2018年4月18日に出す。同4月11日、大阪市内で行われたテレビ番組「演歌ジャックス」の5月放送分の収録にゲスト出演して「スケール感いっぱいに歌って」と、新曲をアピールした。同じ番組のもう1人のゲスト、黒川英二(日本クラウン)は4月4日に出したデビュー15周年記念シングル「俺を咲かせてくれた花」を歌い「今作に入れた3曲は僕の歌手生活の今までを表すものです」と、新曲にかける想いの程を話していた。

童謡2.jpg
童謡1.jpg
ゲストも参加する「演歌ジャックス」名物の童謡・唱歌コーナー


 「演歌ジャックス」は奈良テレビ放送(毎週水曜日午後2時から)J:COM11チャンネル(同火曜日午前10時から)九州宮崎12チャンネル(同月曜日午前8時からのほか毎日再放送)などで放送されている。この日は5月5週分の収録が行われた。

 出演したのは湯原昌幸、黒川英二のゲストのほか、レギュラーの林よしこ、MARI、TAIKI、小川リエ、青海涼、新星民(シン・ソンミン)岩井都美子、延歌姫(ヨン・カビ)たちで、いずれも最新曲などを歌った。

■洋画のようなスケール感ある「風のララバイ」

 「雨の次は風でしょう」と、大人の男と女の別れをまるで映画音楽のように大きなスケールのメロディーにのせた「風のララバイ」を歌った湯原昌幸は、1年ぶりの演歌ジャックスへの出演であった。
湯原は「最初は語るように、後半は思い切りスケール感を出します」と解説し、どこか洋楽っぽい楽曲に、ヒットの予兆を感じ取っていたようである。

湯原昌幸.jpg湯原昌幸2.jpg
湯原昌幸

 「風のララバイ」のCD購入者対象に川柳コンテストを行う。2016年に出したシングル「マッチ」の発売に合わせても実施したが、好評だったことから、引き続いて第2弾を行うことになった。

 優秀な作品には、風にちなんでダイソン製扇風機(1人)や湯原自身が選ぶワインとテキーラのセット、風のララバイ特製扇子が当たる。CDに封入された応募券を葉書に貼って送る(詳しくは湯原のテイチクオフィシャルサイトを参照)。

湯原昌幸・ゲストコーナー2.jpg
ゲストコーナーの湯原昌幸

 一時は70キロ近くあった体重も「徐々にダイエットして今は60キロ程度」になっている。そのお陰であろうか、歌う際のアクションも一段と切れ味が良くなったようである。

■黒川を盛り上げる3人の楽曲が詰まった15周年記念シングル

 テレビドラマ「大川越前」など俳優業が忙しい黒川英二は、新曲「俺を咲かせてくれた花」で、ようやく歌手業に専念出来そうである。美樹克彦の作詞・作曲である。今の僕があるのもお前のお陰・・・別れた男女が偶然に出会ったが、今でも好きだよと言えずに別れる2人を、つぶやくように歌う。

黒川英二1.jpg黒川英二2.jpg
黒川英二

 番組司会の小池史子は「声が魅力的」と、黒川の低い声にぞっこんな様子。その黒川は「声の通りが悪いので、何度も聞き返されることがあるんですよ」と、それはそれなりに苦労もあるようだ。

 今作はカップリングに「涙のエアポート」「黒潮ヤンチャ船」の2曲を収録している。すがあきらと橋田充哲がそれぞれ作曲した作品である。
 すがは高知から歌手を目指して関西に出てきた時に最初に門をたたいた恩師で、美樹克彦の許へ修業に送り出した本人でもある。橋田は出身地の高知で歌を最初に教わった人である。

黒川英二・ゲストコーナー.jpg
ゲストコーナーの黒川英二(中央)

 このように3曲が収められた今作は、歌手黒川英二が生まれる前から今に至るまでの歴史を綴ったような1枚なのである。黒川は「3人の恩師が僕を盛り上げてくれています。皆さんにはどれかの曲がフィットするでしょう。これから全国津々浦々を回って歌っていきます」と話していた。


■レギュラー出演陣

林よしこ.jpgMARI.jpg
林よしこ(左)MARI

TAIKI.jpg小川リエ.jpg
TAIKI(左)小川リエ

青海涼.jpg新星民.jpg
青海涼(左)新星民(シン・ソンミン)

岩井都美子・林よしこ.jpg延歌姫.jpg
岩井都美子(写真左・左)延歌姫(ヨン・カビ)

小池史子.jpg新星民・延歌姫.jpg
司会・小池史子(左)新星民(シン・ソンミン、左)と延歌姫(ヨン・ガヒ)









nice!(5) 
共通テーマ:音楽

nice! 5