So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

あさみちゆき(テイチクエンタテインメント) 「四畳半の蝉」 得意のマイナーメロディーが好評 4月には台湾での初のコンサート [インタビュー]

あさみちゆき.jpg◆2018年11月でデビュー16年目を迎えるテイチクエンタテインメントの歌手、あさみちゆきが、大好きな人にふられてしまい、悲しみのどん底にで喘ぐ女性を歌った、切なく悲しい「四畳半の蝉」が好評だ。彼女らしいマイナー楽曲がファンの心を惹きつける。4月には台湾での初のコンサートも予定している。プライベートでは2歳半になる愛息が可愛くて仕方がないようで、テレビの前で番組の主題歌を一緒に歌っているという。


あさみちゆき・四畳半の蝉.jpg









 マイナー調の楽曲が好き、というあさみちゆきにはデビュー以来、もの悲しい楽曲が多い。そんな中でも2017年11月に出した「四畳半の蝉」は、これぞあさみの世界だー といった声も聞かれるほど、自ら「どん底」と表現するように究極の悲しさを歌う。

 これは作曲がシンガーソングライターの山崎ハコで、彼女の作品らしく、心がどんよりと曇る楽曲である。
 あさみは「好きな人と別れて、どん底の悲しみに打ちひしがれながらも、未来への光を見出そうとする女性を歌っています。今を真剣に生きようとしているから、心が痛くなります。そんな歌ですね。これが皆さんの人生の光になるとうれしいです」と話していた。

あさみちゆき3.jpg

 カップリングの「神保町」も山崎の作曲。古書店街の東京・神保町の風景が目に浮かんでくるような楽曲である。これの失ったラブソングで、面影を追って神保町にやって来るが、そこはくすぶる愛の火が街を赤く染めているーといったフォークタッチな作品。
 これもあさみらしさを感じさせる1曲である。

 「四畳半の蝉」は第50回日本作詩大賞新人賞・最優秀賞受賞作品、「神保町」は同・優秀賞受賞作品である。

■一児の母

 プライベートでは2015年に結婚した一般男性との間に男児をもうけたが、その子も2歳半になる。「ママ歌って、という息子と一緒に歌うんです。コンビニでは<ママの 〜ママの 〜 >という指の先には缶ビールが。ビール好きの私のことを良く見ているんですね。その仕草がとても可愛いんですよ」と、目を細める彼女は幸せいっぱい。

 「好きなことをやらせて、色んな事にチャレンジさせるチャンスを与えてやりたいです」

あさみちゆき2.jpg

 彼女のオリジナル曲に父と娘の情愛を歌った杉本眞人作曲の「鮨屋で...」があるが、それとダブらせるかのように母親になった彼女は「私も両親にこうして育ててもらったのかと思うと、これからはいっぱい親孝行しなくては」と話す。

 仕事にはいつも2歳半になる息子を伴う。新幹線も飛行機も何度も何度も乗っているほどで、仕事場で自分がステージに上がる際はマネージャーが母親代り。

■大阪でもストリートライブを

 今年初めての東京・井の頭公園でのストリートライブを3月10日午後2時から予定している。まだデビューする以前の2001年に始め「最初は誰も聴いてくれる人はいなかった」が、去年9月に200回目を迎え、次回で203回目になる。今では彼女も<井の頭公園の歌姫>と呼ばれ、沢山の団塊世代ファンなどから熱い支持を得るまでになっている。
 あさみは、母親になったが、歌声はますます絶好調。「いつかは大阪でもストリートライブをやってみたい」とも。

あさみちゆき4.jpg

 ストリートライブは海外でも中国、台湾、ハワイなどでも経験しているが、今年は杉本眞人、森山愛子とともに4月10日に台湾でコンサートを開くという。






[あさみちゆき オフィシャルサイト]
http://www.chiyuki.jp/
[あさみちゆき テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/chiyuki/







nice!(5) 

nice! 5