So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安倍里葎子(テイチクエンタテインメント) 恋人気分になってディナーショー 「札幌・狸小路をもっと有名に」と新曲をアピール 東京・第一ホテル東京シーフォート [ディナーショー]

◆テイチクエンタテインメント移籍第1弾「恋人気分で」を2017年7月に出した安倍里葎子が、同12月22日夜、東京・天王洲アイルの第一ホテル東京シーフォートでクリスマスディナーショーを開いた。ファンとステージでオリジナル曲を一緒に歌う参加型ショーを楽しんでいた。

安倍里津子3.jpg安倍里津子1.jpg
今年も第一ホテル東京シーフォートでディナーショーを開いた安倍里葎子


 同第一ホテルでのディナショーは4回連続しての開催。たくさんの馴染みのファンが詰めかける中、オープニングで先ずは「恋人気分で」を聴かせ、次いで「ホワイト・クリスマス」で一気にクリスマスムードを盛り上げた。

 安倍里葎子のディナーショーは、彼女のオリジナル曲をファンと一緒に歌って楽しむお祭りムード。この日も、「東京Gスポット」(2004年)でのデュエット相手、芸能リポーターの石川敏男さんなどがステージに上がって「私だけのピアニスト」(2014年)「今夜は離さない」(1983年)など、デュエット曲を歌った。

安倍里津子・客1.jpg
安倍里津子・客2.jpg
ファンと一緒に歌って楽しむ安倍里葎子

 安倍里葎子と言えば、橋幸夫と歌って大ヒットした「今夜は離さない」から今作の「恋人気分で」のカップリング曲「狸小路の夜は更けて」まで、17人の男性とデュエットしており、デュエットの女王の異名を取るほど。

安倍里葎子・タケ ウケタ.jpg
タケ・ウケタ(右)と「狸小路の夜は更けて」を歌う安倍

 その狸小路は、札幌の繁華街で200軒を超える商店が軒を並べる。同市出身の安倍にとっては懐かしい街でもある。そこを舞台に、この日もゲスト出演してデュエットした、彼女の〈17人目の男〉であるタケ・ウケタと歌っているムード歌謡が「狸小路の夜は更けて」
 安倍は「同地をもっともっと有名にしたい」と、来年は札幌でのキャンペーンやライブなども予定している。

安倍里津子・愛海.jpg
安倍里葎子・愛海2.jpg
愛海と歌う安倍里葎子(左)

 もうひとりのゲストは愛海(あみ)。2013年デビューで、この日は安倍と「真夜中のギター」(千賀かほる、1969年)を歌うとともに、オリジナル曲の「愛 火のように京都」(2013年)などを歌い「里葎子さんが大好きです」と、ラブコールを送っていた。

安倍里葎子6.jpg
客席を回って歌う安倍里葎子

 安倍は最後にデビュー曲「愛のきずな」と新曲「恋人気分で」を歌ってお開き。「来年も頑張ります」と意欲を見せていた。





[安倍里葎子 テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/abe-ritsuko/






nice!(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 6