So-net無料ブログ作成

入山アキ子(テイチクエンタテインメント) 「知床岬」 大阪・奈良キャンペーンスタート 〈感謝10年〉の歌声を響かせる [キャンペーン]

◆結果を出せるように頑張りますー 。
テイチクエンタテインメントの歌手、入山アキ子は2017年11月7日から始まった大阪・奈良でのキャンペーン初日、そのように語って9月6日に出した新曲「知床岬」を、行く先々でアピールをしていた。

入山アキ子・桜んぼ1.jpg入山アキ子1.jpg
結果へ向けて歌う入山アキ子

 この日の歌唱キャンペーンは大阪府八尾市のサウンド・ミュージカルつばき、同東大阪市のカラオケ喫茶あすなろ、奈良県吉野町のカラオケステージ桜んぼの3店舗で行った。

 開店10年になるというサウンド・ミュージカルつばきでは、自らが結果を出すまでもう一歩といった段階に近づいている入山に相応しく、キャンペーン来訪100人目の一歩手前の99人目という数字に笑みを見せていた。
 2軒目のカラオケ喫茶あすなろでは、彼女の恩師である作曲家鈴木淳と作詞家悠木圭子の夫妻が「(入山が)ヒットを出すまでは私たちが曲を書き続ける」と言っているというエピソードも紹介していた。

入山アキ子・あすなろ.jpg

 カラオケステージ桜んぼでは、その鈴木から「(歌手になる前の職業の)看護師らしさをすべて捨て去れとも言われた」というデビュー当初の10年前の話しや、その実質的なデビュー曲は31歳で夭折した村上幸子(日本クラウン)を歌い継いだ「不如帰」だったことも披瀝した。同曲は10月に出したアルバム「入山アキ子 2018年 全曲集」にも収録されている。

入山アキ子・つばき.jpg
サウンド・ミュージカルつばき
入山アキ子・あすなろ3.jpg
カラオケ喫茶あすなろ
入山アキ子・桜んぼ2.jpg
カラオケステージ桜んぼ

 「知床岬」は、未練心を捨て新たな幸せを求め北の地をひとり旅する女性を、入山が得意とするマイナー調のメロディーで歌う。彼女の「今作こそヒットを」という強い意気込みが伝わったのだろうか、店に詰め掛けた人たちの多くの女性たちは、早くも流暢に「知床岬」を歌いこなしていた。

 入山は今年デビュー10年目を迎えている。それまでは看護師を13年間務めていた。今、コンサートやライブでは健康講座を織りまぜながら歌うのも、そんな彼女ならではのキャリアを生かしたものなのである。

入山アキ子・あすなろ2.jpg
新譜をアピールする入山アキ子

 この日は新曲のメイン曲とカップリング曲の「雨に散る花」のほか「ザンザ岬」「紀淡海峡」「女・なみだ酒」「信濃慕情」「不如帰」も歌った。
 それらを聴いていた、4作前から入山のファンだという奈良県吉野町の夫婦は「中でも前作の『信濃慕情』は、大好きな歌なのでカラオケ教室で習いました」と話していた。こうした声に励まされるように入山は「関西に来ると皆さんの明るいパワーに元気をもらえます」と、笑顔で先々で1人ひとりと握手していた。

入山アキ子・つばき2.jpg入山アキ子・あすなろ44.jpg入山アキ子・桜んぼ3.jpg

 きょう、11月8日は大阪市内でテレビ番組「演歌ジャックス」(奈良テレビ放送・J:COM関西などで放送)の収録に出演する。


[入山アキ子 オフィシャルサイト]
http://xn--cckwa042wikihmb.jp/
[入山アキ子 テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/iriyama/






nice!(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 7