So-net無料ブログ作成

沢田正人(ホリデージャパン)  「24時間そばにいて」  聴く人の心をわしづかみ  旅立ちをテーマにライブツアー展開中 10月には沼津でも [インタビュー]

沢田正人.jpg◆5枚目のシングル「24時間そばにいて」を2017年4月に出しているホリデージャパンの歌手、沢田正人がデビュー6年目を迎えている。デビュー当初から歌唱キャンペーンで全国のカラオケ喫茶店を連日のように訪ね歩いているが、その軒数が5年間で1500軒を超したという。今夏からはデビュー5周年を記念したライブツアーも始めており、10月9日には静岡県沼津市でも開催する。今年を「デバーチャー(旅立ち)の年」として、まったく新しいタイプの新曲で6年目に挑んでいる。それでも全国での歌唱キャンペーンは、今日も続けている。


沢田正人・24時間そばにいて.jpg









 滋賀県米原市で生まれ育った沢田正人「薔薇の涙」で歌手デビューしたのは2012年8月29日だった。今年、そのデビュー記念日を境に、全国5ヶ所でのデビュー記念ライブツアーを始めている。テーマは「デバーチャー(旅立ち)」。歌手・沢田正人のさらなる成長へ向けての旅立ちである。
 「デビューしてからの5年間はあっという間でした。全国1500軒でのキャンペーンなどを通じてたくさんの人に会うことができました。携帯電話のアドレス帳に登録する数は、それまでの会社員時代の何倍にも膨れ上がっています。その1人ひとりの顔もすべて浮かんできます」


沢田正人2.jpg そんな財産を抱えての新曲「24時間そばにいて」は、誰でもカラオケで歌えるように「歌いやすく作ってもらった」という期待の楽曲である。
 CDショップでのインストアライブやカラオケ喫茶店でのキャンペーンでも「馴染みのファンの人たち以外にも、CDを買ってくれています」と、評判はいいようである。

 ホリデージャパンに移籍して2枚目のシングル。沢田自身の想いが重なるかのように、その楽曲は情熱的で「聴いた人、とりわけ女性の心をわしづかみするような熱愛感ただよう内容」のポップス歌謡曲である。


 ♪ くちびるも 髪の先までも 僕だけのものだから ~ と情熱的に歌う沢田は、プライベートではパソコンやコンピューターゲームが大好きな青年でもある。すでにブームも去ったように見えるポケモンGOは「初リリースからずっと続けている」(沢田)ほどの熱の入れよう。宿泊先のホテルでも夜、部屋を抜け出してモンスターを求めて5キロほどさ迷い歩くほど。それにはマネージャーも「夜ですからね、心配ですから同行しています」と、苦笑いを見せる。

■5年間で1500軒キャンペーン

 カップリングの「恋ICHIZU」は作詞作曲が星つかさ。実はこの人、日本クラウンの歌手、和田青児のペンネーム。このところ自ら歌う楽曲の作詞・曲を手掛けているが、同じテレビ番組に出演している誼もあって、今回、沢田に提供した。
 演歌歌手・和田の作品かと思うようなリズミカルなポップス調の楽曲は、沢田にピッタリとはまる。

 ところで5年間で1500軒でのキャンペーンを行うと、歌手・沢田正人の名前も相当に浸透してきたのでは?
 「まだまだですよ。もっと頑張って名前と顔を覚えてもらわないと」と、1日3軒4軒と歌唱キャンペーンは今まで通りに続けていく、と今までとと変わりない歌への情熱を見せている。





[沢田正人 オフィシャルサイト]
http://www.sawadamasato.net/






nice!(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 4