So-net無料ブログ作成

KOBE流行歌ライブ  青木美保、松原健之、津吹みゆ、城山みつきが出演 [ライブ]

第151回KOBE流行歌ライブが2017年4月20日、神戸・新開地のKAVCホールで開かれ青木美保(キングレコード)松原健之(テイチクエンタテインメント)津吹みゆ(日本クラウン)城山みつき(テイチクエンタテインメント)の4人が出演した。それぞれ新曲などを披露した。ステージ最後のプレゼントコーナーでは、出演者出身地のご当地袋ラーメンがプレゼントされるジャンケン大会も行われ、勝ち残った神戸市と宝塚市からの来場者にご当地袋ラーメン4個入りセットが贈られた。

第151回KOBE流行歌ライブ.jpg
出演者とご当地袋ラーメンが贈られた来場者


 青木美保は2年4ヶ月ぶり4回目の出演。再来年にはデビュー35周年を迎える。2016年9月に出した「秋燕」が好調で、カラオケを歌う人たちの間ではたくさんのリクエストがあり、発売後3か月間のランキングは全国2位となったほど。この日もこれを歌って「全国に燕を飛ばせてみせます」と意気込みを語っていた。このほか「海鳥よ」「風花しぐれ」など5曲を歌った。

青木美保.jpg
青木美保


 松原健之は2016年11月発売の「みちのく ふゆほたる」を歌った。これは秋田県仙北市に100年以上も伝わる上桧木内の紙風船上げに材を取っている。作詞は北村けいこ。日本作詩家協会コンテストと日本作曲家協会音楽祭ソングコンテストのコラボグランプリに選ばれた作品。北国の幻想的な伝統行事を透き通るような健之ボイスで響かせていた。先日亡くなったペギー葉山が歌ったNHK深夜便の歌「夜明けのメロディー」(作詞・五木寛之、作曲・弦哲也)も聴かせた。

松原健之.jpg
松原健之


 津吹みゆデビュー3年目で、同ライブは2回目の出演。2017年1月に出した「雨のむこうの故郷」はデビュー以来続く、望郷シリーズの第3弾を歌った。4月5日には「好きになった人」(都はるみ)など7曲を収録しているカバー・ミニ・アルバムの第2弾「望郷こころ歌Vol.2 ~永遠の名曲選~」を出したばかり。この日はアルバム第1弾に収録した「リンゴの唄」を歌ったり、大好きな宝塚歌劇のものまねを披露していた。

津吹みゆ.jpg
津吹みゆ


 PRコーナーに出演した城山みつきは兵庫県姫路市出身で、2017年3月に出した「あばれ度胸船」「姫路恋ごよみ」を歌った。

城山みつき.jpg
城山みつき





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。