So-net無料ブログ作成

大阪でキングレコード指導者歌唱講習会  弦哲也が新曲「松江恋しぐれ」を課題曲に歌唱法を伝授 [カラオケ]

◆カラオケ歌唱の上達法を学ぶキングレコード指導者歌唱講習会(主催・キングレコード歌謡文化アカデミー=KBA)が2016年9月28日、大阪市淀川区のニューオーサカホテルで開かれ、参加した近畿、山陰、四国、東海のカラオケ教室の指導者65人は講師の作曲家、弦哲也氏の歌唱指導を受け、課題曲「松江恋しぐれ」を歌うキングレコードの永井裕子によるミニライブを楽しんでいた。受講者全員に弦氏の署名入りの修了証が手渡された。きょう29日午後には福岡市内のKKRホテル博多でも行われる。

キングレコード指導者歌唱講習会3.jpg
弦哲也氏の丁寧な指導が評判

 KBAが毎年、東京と大阪、福岡で実施しているキングレコード指導者歌唱講習会は、課題曲の作曲家を講師に招いて歌唱の基本から課題曲を歌うテクニックを指導。カラオケ教室を運営する指導者に歌唱のポイントを学んでもらおうというもの。
 今年は課題曲に選ばれたのが永井裕子が2016年8月に出した「松江恋しぐれ」。講師はこれを作曲した作曲家・弦哲也氏。

キングレコード指導者歌唱講習会.jpg
65人が参加したキングレコード指導者歌唱講習会

 弦氏は1965年に東芝レコードから歌手、田村進二として歌謡界にデビューしている。作曲家としてのデビューは1976年で、棋士の内藤國男が歌った「おゆき」だった。以来、作曲した曲数は2千曲を超えるともいわれている。

 弦氏はまず、歌を歌う上で大切なこととして「等身大の選曲」「声質に合った選曲」などを挙げた。声質にはシルクのような高い声、木綿のような野太く低い声がある。それぞれに適した楽曲を選ぶ必要があると指摘した。
さらに発声の仕方、間の取り方とともに、「演歌を歌う中で求められるのは、料理でいうところの調味料・味付けです。絶対に欠かせないのが<こぶし>です」として、こぶしの入れ方とその種類について説明した。

 「歌うテクニックは云わば武器です。むやみやたらと見せない方が効果的であります。ですからこぶしも効果的な使い方が必要です」と、理想的な使う場所を教えていた。

キングレコード指導者歌唱講習会2.jpg

 もうひとつの大切な調味料としてとして感情の揺れを表すビブラートの種類と使い方に付いても触れた。女歌の哀しい表現をする場合と、力強い男歌では用いるビブラートも異なると、具体的に課題曲を歌ってみせた。
 またグリスダウンと呼ばれるしゃくり下げする歌唱は「切ない心の内を表現するのに効果的です」としたほか、ご当地ソングに良く登場する地名は「感情を入れずにはっきりと歌う」など、細かなところまで丁寧で分かりやすく指導した。

 実際に講義の内容をチェックするためにジャンケンで選ばれた受講生3人が課題曲の「松江恋しぐれ」を弦氏のギター演奏に合わせて歌って、アドバイスを受けていた。

■夢が夢でなくなるように

 弦氏はミニライブの主役、デビュー17年目の永井裕子を「きらびやかな活動ではないが、いぶし銀のようでいつかダイヤモンドになるような想いがします。『松江恋しぐれ』が、そこへの階段をひとつ昇る1曲になればと思います」と紹介。

キングレコード指導者歌唱講習会・永井裕子.jpgキングレコード指導者歌唱講習会・永井裕子2.jpg


















 それを受けて永井は「たくさんの人たちへ広めて覚えて歌ってもらえるようにしたい」と、「松江恋しぐれ」カップリングの「谷中ほたる」を披露した。
 「雪国ひとり」や前作の「音信川」デビュー15周年記念曲の「勝負坂」なども歌って、「夢も夢じゃなくなるようにがんばります」と、相変わらずの元気ぶりを見せていた。


[キングレコード歌謡文化アカデミー]
http://www.kingrecords.co.jp/KBA/





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。