So-net無料ブログ作成

入山アキ子(テイチクエンタテインメント)  東京・浅草で新曲「信濃慕情」発表&バースデーパーティー開く  演歌界の一番に意欲 [新曲発表]

◆テイチクエンタテインメントからメジャーデビューして6枚目のシングルとなる「信濃慕情」を2016年9月7日に発売した入山アキ子が同8日、46歳の誕生日パーティーも兼ねた「新曲発表&バースデーパーティー」を東京都台東区の浅草ビューホテルで開いた。彼女が「親戚付き合い同様」というファン80人が全国から集まった。恩師の作曲家鈴木淳氏、作詞家悠木圭子氏も出席。デビュー前には看護師をしていた入山が、看護学校時代に机を並べていた同級生からはバースディーケーキもプレゼントされて大喜び。そして「まだ昇るべき階段は多いけれども、演歌界で一番が取れるようになりたい」と意欲を語っていた。


入山アキ子1.jpg入山アキ子6.jpg

















演歌界で一番が取れるようになりたいと意欲を見せる入山アキ子


入山アキ子・信濃慕情.jpg 会場に充てられたホテル最上階の28階からは、晴れた日には新宿の街やさらには富士山も遠望できるという。近くには高さ634メートルのスカイツリーも見える絶景のステージで入山アキ子は、新曲の「信濃慕情」を披露した。カップリングの「恋待岬」と、初めてNHK・BSテレビの番組に出演した際に歌った「女・なみだ酒」(2015年)「紀淡海峡」(2014年)を歌い、アンコールに応えて「きずな道」(2013年)を歌った。
 「信濃慕情」は作詞が悠木圭子、作曲は鈴木淳とデビュー以来師事し続けるふたりによる、信州を舞台に切ない未練恋を歌った作品。


 会場では終始、入山の愛称のアッコちゃんコールで包まれていた。それに応えるかのように入山は、集まった1人ひとりに話しかけ、記念写真を撮って回った。
 彼女は山口県の高校を卒業後、防衛医大高等看護学院へ入学。そこを卒業すると防衛医大病院、豊岡第一病院で看護師を務めた。仕事の合間をには好きな歌を歌うことで気を紛らわせた。カラオケ大会にも出場して優勝を繰り返すほどの実力だった。
 趣味で止めておくつもりだった歌だったが、看護の現場を離れることを意味する管理職への昇進話しが持ちあがり、それをきっかけに本格的にプロを目指すようになった。

入山アキ子5.jpg

 パーティーには看護学校時代の同級生3人も白衣姿で駆け付けて、なぜか6本のローソクが立った誕生日ケーキをプレゼントしていた。
 「責任感が強くて、マルチな才能を持っていた」など学生時代の思い出を打ち明けていた。今でも彼女は自分でホームページを更新したりブログを書き、ファン向けの会報の編集まで行っている。それはすでに学生時代にも「講義の実習でもパンフレットを上手に作っていた」など、すてに十代の頃にはその素質を発揮していた訳である。

入山アキ子3 ケーキ.jpg
入山アキ子2 同級生.jpg
同級生から贈られた誕生日ケーキに大喜びの入山アキ子

 プロデビュー曲はキングレコードから出した「不如帰」(2004年)だった。夭折した村上幸子の代表曲をカバーしたものである。以来、彼女は新潟県にある村上の実家を年に1回は訪ね、墓前に花を手向け続けている律儀さを見せている。

 そうした性格の1つひとつが新たな仕事を増やしていった。
 入山が「私にニコッと笑顔を下さい。それが私のパワーになります。どこででも寝られるし、何でもおいしく食べることが出来ます。そんな想いでパズルを組み立てるように、仕事を作っています」と言うように、新曲が出る度に気の遠くなるような作業をコツコツとこなしてきた。

入山アキ子4 鈴木淳・悠木圭子.jpg
鈴木淳氏(左)・悠木圭子と入山アキ子(中央)

 そんな姿をじっと見てきた恩師の鈴木淳氏は「彼女は年々、階段を昇ってきているように思います。最初は鬼と呼ばれるほどに怒り、泣かせていました。それが今、大輪の花を咲かそうとしています」と、集まったファンの支援を求めていた。悠木圭子氏は「いつも何事にも一生懸命な人です。もっとゆとりを持てるようにしてあげたい。それには拍手や笑顔が一番だと思います」と話していた。

入山アキ子・和久井保.jpg
ワクイ音楽事務所の和久井保社長

 そうした活動に手を差し伸べる人も出てくる。
 5年前から入山にアドバイスを贈り続けているワクイ音楽事務所の和久井保社長もまた、そのひとりである。「きっと今以上に素晴らしい歌手になってくれると思う」と語る彼に入山は、和久井氏の80歳を祝って80本の赤いバラの花束を贈って会場を沸かせていた。
 またテイチクエンタテインメント取締役の岡崎昭人宣伝本部長は「大ヒット目指して一緒に頑張って行きたい」と、今まで以上にバックアップしていく姿勢を見せた。

 入山はこの日のパーティーの終わりに「ファンの皆さん、スタッフをはじめ周りの人たちと一緒に大きな夢を掴んで喜びあいたい」と話していた。

入山アキ子8.jpg
一緒に大きな夢を掴んで喜びあいたいと話す入山アキ子

 今回はシングルと同時にDVDも版も発売している。また2017年3月には「信濃慕情 / 恋待岬」の全国カラオケ大会を東京都内で開く。1次審査の応募受付はすでに始まっており、締切りは17年1月10日で、審査通過者が全国大会に出場できる。


[入山アキ子 オフィシャルサイト]
http://xn--cckwa042wikihmb.jp/
[入山アキ子 テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/iriyama/
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。