So-net無料ブログ作成

演歌ジャックス  水沢明美、五条哲也をゲストに 新加入のMARIは新オリジナル曲を披露 5月放送分を公開収録 [テレビ放送]

◆奈良放送テレビやJ:COMなどで放送されている演歌テレビ番組「演歌ジャックス」の5月放送分が水沢明美(日本クラウン)五条哲也(同)をゲストに、2016年4月13日、奈良県上牧町のショッピングモールで公開収録をした。新加入した女性歌手MARIは新オリジナル曲を披露した。

演歌ジャックス5月2.jpg
演歌ジャックス5月.jpg
演歌ジャックスのトークコーナー


 日本クラウンの水沢明美は5月第2、3週に放送分として5月11日に発売される新曲「因幡なさけ唄」を歌った。これは34枚目のシングルで、鳥取県の民謡の貝殻節を取り入れている。前作の「さんさ恋しや」も民謡をベースにした楽曲だったが、今回はそれに次ぐシリーズ第2弾。
 収録では新曲を歌唱する際の注意点などをアドバイスしていたほか、6月10日に大阪・心斎橋の大丸心斎橋劇場で開かれる日本クラウンの「歌う王冠ライブ」に出演することを報告した。

水沢明美.jpg五条哲也.jpg

















水沢明美(左)と五条哲也

 五条哲也は4月27日発売の新曲「あきらめ上手」を披露した。「好きな人のために自ら諦めて身を引く女性を歌っています」と五条。彼の魅力があふれる楽曲になっているとの声も聞かれる。
 これは5月第1週に奈良テレビ放送などで放送される。かつてはラグビーをやっていたという五条は体格の良さで知られているが、このところのダイエット効果がでたのか「ここ1年でかなりスリムになりました」と笑顔を見せていた。
 テッチャンの愛称でも親しまれており、ステージでは早速「♪ てっちゃんてっちゃんボクてっちゃん」と、関西人なら誰でも知っているコマーシャルソングのリズムに合わせて自己紹介して、ひょうきんぶりを見せて客席を沸かせていた。

MARI.jpg
新加入のMARI

 演歌ジャックスのレギュラーメンバーに新たに加入したMARIは今までコスプレパフォーマーとして活躍する一方で路上ライブでも歌を披露していた。日本中央競馬会(JRA)などで絵画の個展を開くなどマルチぶりを発揮している。今回は仕上がったばかりのオリジナル曲「生まれ変わっても」を歌った。

小川リエ.jpg
小川リエ

 ハリセン演歌で知られる小川リエ(夢レコード)はハリセンを振りまわしてリズミカルに歌う「浪花の一番星」とカップリングの「おんな・・・なみだ雨」を披露。彼女のハリセンで肩を叩かれると幸せが訪れるというジンクスもある。七福神のぬいぐるみを衣装の着物に付けた派手な出で立ちは見る者の目を引く。
 カップリング曲はハリセンを持たずに歌う一転して本格演歌。小川は「歌いやすくてカラオケ大会でも歌われるなど好評です」と話していた。

松本恵美子.jpg生駒尚子.jpg

















松本恵美子(左)と生駒尚子

 このほか生駒尚子(ホリデージャパン)は「浪花の女房」南吾郎(メロディーレコーズ)は「浪花の演歌師」松本恵美子(同)は「桂川恋歌」などを収録した。


[演歌ジャックス オフィシャルサイト]
http://www.enkajacks.com/










nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。