So-net無料ブログ作成

椎名佐千子(キングレコード) ミヤコ瓢箪山店(東大阪)の演歌サークル発表会で歌う [カラオケ]

◆たくさんのカラオケ愛好家から評判の新曲「哀愁・・・日本海」を歌う椎名佐千子が、2015年12月19日、東大阪市の男女共同参画センター・イコーラムで開かれたミヤコ瓢箪山店(東大阪)の演歌サークル発表会で、新曲のほか近松門左衛門原作の人情物「冥途の飛脚」から「梅川」を艶っぽく、そして激しく歌い、客席いっぱいの観客を満足させていた。

椎名佐千子7.jpg椎名佐千子9.jpg


















 椎名がミヤコ瓢箪山店のイベントで歌うのはデビュー曲「御意見無用の人生だ」のキャンペーンで来店して以来の13年ぶりとあって、サークル会員のほか熱心な演歌ブロガーたちも集まってシャッターチャンスをねらっていた。

椎名佐千子3.jpg
たくさんのファンに囲まれた椎名佐千子

 椎名は今年6月に出した「哀愁・・・日本海」で初めて岡千秋のメロディーに挑んでいる。本人も「繊細で哀しく、スケールの大きな楽曲にステップアップ出来る手応えを感じています」と話していた。
カップリングの「女は度胸」は、どっこいヨイショで〜 と、歌う人聴く人の元気を与える歌。

 歌い終わった後に観客やブロガーからは「上手いねぇ〜」「感動したよ」といった声があちらこちらから聞かれたのは「冥途の飛脚 〜 梅川 〜」。セリフも入った艶っぽく演じた人情物で、最後の ♬ 忠兵衛さま 〜 と絶叫するシーンには誰もが歌に引き込まれていた。

椎名佐千子.jpg椎名佐千子6.jpg

















 また椎名はデビュー3曲目の「泣きむし海峡」も歌うとともに、カバーアルバムにも収録している「潮来花嫁さん」「おんな船頭唄」「月がとっても青いから」なども披露し、エンディングで投げキッスをして会場を喜ばせていた。

椎名佐千子2.jpg

 ミヤコ瓢箪山店は年2回、演歌サークルの発表会を開いている。5年前からサークルに入って歌のレッスンを受けている女性は「歌はを歌うと頭がすっきりします」と話して、菊地まどかの新曲「浮草ふたり」に挑戦していた。



SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~ (描き下ろしアナザージャケット付)



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。