So-net無料ブログ作成

川口哲也(ホリデージャパン)  来年の新曲発売目指して歌い続ける  25日には恒例のディナーショーも [新曲]

◆最新曲「みなと神戸」を歌う川口哲也。初の神戸をテーマにした歌である。そんな縁もあって、今年はKOBE流行歌ライブのステージに初めて立った。歌手のかたわら八尾市内でカラオケ喫茶店「歌声スタジオかわぐち」を営み、同業歌手のキャンペーンにも提供している。今作のカップリング曲「喝采」が新たにカラオケ配信されることになり、来年には大阪をテーマにした新曲をリリースする予定だ。

川口哲也2.jpg
川口哲也

 「とてもいい歌なんです」
 「みなと神戸」とともに川口が勧めるのが、百音(MONE)作詞、久光秀樹作曲、Deep寿編曲の「喝采」。「みなと神戸」のカップリング曲である。
 ♪ ライトの渦に抱かれて歌ってる ~  喝采あびて今幕が開く ~
 デビューして35年。関西の本格演歌歌手の座を射止めることを目指し続けている川口を歌っているかのような詞に、本人はぞっこんほれ込んでいる。

 「喝采」のラストで川口は、 ♪ 声の限りあなたに 届けと ~ 心からありがとう と歌う。デビュー35年の歌手川口哲也の想いをすべて込めた歌である。


川口哲也・みなと神戸.jpg 「カップリングのまま埋もれさすのはもったいない」
 たくさんの人に歌ってもらいたいと、このほどカラオケで配信されることが決まった。配信を待ち望むファンも多かったこともあり、これからはより多くの人たちに歌われるだろう。

 これらに続く新曲として来年には大阪をテーマにした作品が予定されているという。
 和歌山県出身だが大阪に住み続けて長い。大阪出身の歌手大月みやこ、天童よしみ、中村美律子たちは今もあこがれの存在でもある。

川口哲也・ディナーショー.jpg

 毎年出演している秋恒例のホリデージャパンディナーショーが今年も大阪市内のホテル、ヒルトン大阪で開かれる。今年のタイトルは「スペシャルディナーショー 男たちの挽歌」

 2015年10月25日、午後4時半からディナーで、5時半から歌謡ショーといった構成である。一緒に出演するのは加門亮をメインに原田ヒロシ、幸田和也。
 利用金は1人 2万5000円(税・サービス料込み)。


[川口哲也 オフィシャルページ]
http://utasuta-kawaguchi.com/index.html







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。