So-net無料ブログ作成

谷龍介(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 京都・FM845の「よりそいラジオ845」で楽しいエピソードを披露 6月発売の新曲も紹介 [ラジオ]

◆電車の車掌さんのものマネ上手かったねー。2015年5月29日、京都市のコミュニティーFM・エフエム845の特別リクエスト番組「よりそいラジオ845 〜 ひとりじゃないよ 〜 」に出演した谷龍介のスマートフォンにファンからメールが届いた。今月関西を訪れた際に電車を乗り間違えて知人との約束に大遅刻した話をした時に飛び出したもので、そのあまりに珍道中ぶりに番組のパーソナリティー石井まり子をはじめスタジオは笑いの渦に。


image-20150530070336.png
谷龍介(左)と石井まり子


番組は聴取者谷龍介電話リクエストを受けながらゲスト歌手とのトークや新曲を紹介する、午後4時からの6時間生放送。谷は午後7時から8時までの1時間出演した。
元気バリバリ谷龍介ですーの自己紹介で彼のコーナーが始まると「京都駅に着くと一気に京都弁になってしまいます」と、妙なイントネーションで京都の良さを話し始めた。

彼には「清滝川」(2008年)という京都を舞台に歌った代表曲がある。それだけに京都にはファンも多く、ひんぱんに足を運んでいる。

にもかかわらず少々方向音痴なところがあるのか、先日の<電車乗り間違い事件>では、大阪から京都へ向かうのに着いたのは、逆方向の兵庫県の尼崎駅。慌てて引っ返すも、今度は京都駅から乗ったタクシーの運転手が行き先の場所を知らないという。

約束場所の近くまでたどり着いたもののそこからが分からない。25キロものスーツケースを引っ張りながら歩き回ってようやく到着。ところが用意された食事の時間はあと2分。絶対絶命である。ところが、そこは体育会系男子の彼、猛ダッシュで食べて事なきを得たという。

谷は「料理の味も分からないし、スーツケースのキャスターが壊れて修理代がかさみました」と、番組で嘆いていた。
これには相手役の石井まり子も「楽しい人ですね」と大笑い。

番組では6月3日に発売される谷の新曲でデビュー10周年記念曲「しあわせ尋ねびと」(作詞・坂口照幸、作曲・岡千秋、編曲・伊戸のりお)も最後に流してアピールしていた。

最後に谷は「将来は京都に移住しようかなっと思ってるほど大好きな街です」と、全国のリスナーに話しかけていた。

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。