So-net無料ブログ作成

山本和恵(ウイングジャパン)  息子に伝えたい歌「色は匂えど子守唄」でキャンペーン  同世代を等身大に歌い続ける [キャンペーン]

◆デビュー15年の歌手、山本和恵が2015年5月18日、兵庫県川西市のカラオケ喫茶店、カラオケホール ワルツで、最新曲「色は匂えど子守唄」のキャンペーンを行った。同世代のカラオケ好きの人たちに向けて等身大に歌う歌の数々は、どれも人気を集めていた。

山本和恵1.jpg

 息子に伝えたいと山本自らが詞を書いた「色は匂えど子守唄」は、いろは歌に合わせて母親の子どもへの想いを綴っている。カップリングの「二度(ふたたび)・・・夫婦(めおと)」も披露。別れた夫婦がもう一度一緒に暮らそうと京都から博多へ。人生山あり谷ありの熟年の応援歌でもある。

 この日は、10年前に作ったという「壊れた人形」、シングルマザーの応援歌として評判の「三つの宝石」といった代表曲や、前作の「ラストソング」「京都・洛北・ひとり旅」も歌った。

山本和恵3.jpg

 山本は大半の作品を自分で作詞している。いずれも60歳代の自分の目線で表現している。そのためだろうか詰めかけた店内の同世代の多くの客は、頷いたり握手を求めたりと歌に共感していた。
 彼女も「50歳以上の人たちに歌ってほしい歌ばかりです」と話し、これからもそうした詞を書いていくという。

山本和恵2.jpg

 山本は、6月21日には舞鶴市北田辺の舞鶴市民会館で、毎年恒例の「山本和恵コンサート」を予定している。今年で14回目になる。


[山本和恵 ブログ]
http://yamamoto-kazue.blog.so-net.ne.jp/ 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。