So-net無料ブログ作成

KOBE流行歌ライブ、北川裕二、真木ことみ、大沢桃子、川上大輔4人が熱唱 [KOBE流行歌ライブ]

◆第127回KOBE流行歌ライブは、2015年4月16日、北川裕二(キングレコード)真木ことみ(日本クラウン)大沢桃子(徳間ジャパンコミュニケーションズ)川上大輔(ワーナーミュージック・ジャパン)が出演して、神戸市中央区の神戸ハーバーホールで開かれた。

 北川は「なみだ百年」真木は「恋文川」大沢は「うすゆき草の恋」川上は「逢いたいよ AGAIN」と、それぞれ最新曲などを歌った。

第127回KOBE流行歌ライブ.jpg
左から川上大輔、北川裕二、真木ことみ、大沢桃子

 出演3回目の川上大輔は新曲のほか、カップリング曲で中島みゆきをカバーした「誕生」などを披露。終演後のCD即売会場では、CD購入客特典の握手・ツーショット撮影会を開いた。一時は50人余の長い列が出来きていた。
 「うすゆき草の恋」がロングヒット中の大沢桃子は、兵庫県明石市を歌ったカップリング曲「子午線の町」も大人気。関西の人たちからの支持率を大いに高めているようだ。明日19日には明石市で開かれるカラオケ発表会にゲスト出演する。

 デビュー23年目の真木ことみは3年ぶりの出演。川シリーズ最初の曲となった「いのち川」(03年)に次いで1993年のデビュー曲「橋」を披露。最新曲の「恋文川」はイントロのピアノが印象的で、恋歌を滔々と歌い上げるのも魅力。「歳を重ねた分、じわじわと味が出てきます」と真木。

 北川裕二は今年1月に出した「なみだ百年」が、前2作に続いての好調。デビュー32年目のベテランだが、関西で人気に火が付き始めたのはごく最近のこと。そのきっかけを作った「女のみれん」、そして前作の「恋雨みれん」なども歌った。
7週勝ち抜きのスカウト番組「新・スター誕生」で見事グランプリを勝ち取ったのが歌手デビューのきっかけだったが、この日はその番組で1週目から7週目までに歌った「氷雨」「兄弟船」など7曲全曲を披露した。



nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 1

あきら

真木ことみチャンいい声で癒されます、神戸はいいですね、歌手と会えるチャンスが多くて。

桃子ちゃんデビューと同じ顔ですよ、不思議です。
by あきら (2015-04-18 12:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。