So-net無料ブログ作成

藤田恵美が新曲「飲んじゃって・・・」で演歌に挑戦  きょう十三・恵比須堂でキャンペーン [生駒幹人のCDウォッチング]

藤田恵美.jpg◆テレビドラマの挿入歌として1997年に大ヒットしたの「ひだまりの詩」を歌った元ル・クプル藤田恵美さんの新曲「飲んじゃって・・・」が、1月21日にポニーキャニオンから発売されました。



藤田恵美 「飲んじゃって」.jpg











 今回の新曲は「吾亦紅」や「お久しぶりね」などのヒットで知られる杉本真人さんの作詞・作曲による作品です。
 ♪ 飲んじゃって~酔っぱらって~ と繰り返されるサビとホーンを起用した杉本さんお得意のノリのよい演歌・歌謡曲です。

 その藤田さんが、1月24午後3時から大阪・十三のCDショップ恵比須堂で、新曲キャンペーンを行います。

 今の藤田さんのイメージとは程遠いような楽曲ですが、実は1976年リリースのソロデビュー曲「母の雨」は演歌でした。その時以来、実に約39年ぶりに演歌・歌謡曲の世界に再挑戦するわけです。

 藤田さんは「洋楽のカバーも歌いますし、演歌も引き出しの一つと思っていただき、面白がっていただければ嬉しいです」と語っています。
 新曲のカップリングでは都はるみさんの「小樽運河」をジャズアレンジでカバーをしており、藤田さんのオリジナルな演歌・歌謡曲ワールドが楽しめそうです。

 24日の新曲キャンペーンでは、そんな藤田さんの新しい音楽世界を体験できるミニライブとともに、当日CD購入者には握手・サイン会やツーショット撮影会も行われます。
恵比須堂十三本店・生駒幹人


<生駒幹人 プロフィール>
生駒幹人・顔写真2.jpg生駒幹人・顔写真2.jpg1967(昭和42)年生まれ。CDショップ恵比須堂本町店で販促を担当。
深夜ラジオ「ABCヤングリクエスト」でザ・ナックの「マイ・シャローナ」を聴いて洋楽に目ざめる。以来、ビルボードなどのTOP40チャートなどをラジオから聴いて青春時代を過ごし、洋楽にドップリとつかる。
現在も洋邦のチャートをチェックしつつ、洋楽からアイドル・歌謡曲など幅広く良質な音楽を紹介している。


[恵比須堂十三本店]
http://www.ebisudo.net/



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。