So-net無料ブログ作成

ジャニーズWEST(ジャニーズ・エンタテイメント)  関西ジャニーズJrから10年ぶりにCDデビュー [生駒幹人のCDウォッチング]

◆ジャニーズ事務所が送り出す新グループとしては2年ぶり、関西ジャニーズJr出身としては“関ジャニ∞”以来10年ぶりとなるジャニーズWESTが、2014年4月23日、シングル「ええじゃないか」でCDデビューを果たしました。

ジャニーズWEST.jpg


 ジャニーズWESTは中間淳太、桐山照史、重岡大毅、小瀧望、藤井流星、神山智洋、浜田崇裕、の7人組で、それぞれのキャリアは長く、中には10年以上のメンバーがいます。

 デビュー曲となった「ええじゃないか」は関西弁を織り交ぜたジャニーズWEST流のパーティソング。デビューを祝うかのようにオリコンの週間シングルチャートでも2位以下に大差つけて1位を獲得しました。

 発売直後に15万枚の売り上げを記録するなど、最近のジャニーズのデビューシングルの売り上げの中でも高位置につけており、最終的には30万枚を超えそうな勢いです。
 でも、このデビューに至るまでは紆余曲折がありました。
 もともとは昨年末の「ジャニーズカウントダウン2013-2014」コンサートで、関西ジャニーズJrのユニット、B.A.Dで活動していた中間と桐山、同じく7WESTで活動していた重岡と小瀧の4人がジャニーズWESTとしてデビューが発表されていました。


ジャニーズWEST2.jpg しかし同じB.A.Dと7WESTで活動してきた仲間で藤井、神山、浜田の3人を心配する声がファンの間で広まり、その声に後押しされるような形で、中間、桐山、重岡、小瀧の4人は、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川に「共に関西ジャニーズJr.で活動してきた7人でジャニーズWESTデビューしたい」と直談判してデビューとなったようです。

 こうした行動の背景にはKis-my-Ft2やSexyZoneなど関東のジャニーズJr.たちが次々とデビューしていく中、「自分たちはデビューできないんじゃないか」とかの「不安」や「悔しさ」を7人のメンバーは共通の思いとして持っていたことがあるように思います。

 知名度はまだまだですが、これまで各メンバーともドラマ「ごくせん」などのほか深夜のバラエティー番組の出演経験も積んできており、演技力、トーク力なども十分でしょう。

 これからドラマやバラエティーだけでなく歌の世界でも7人の絆と関西パワーで、てっぺん目指すジャニーズWESTを応援していきたいと思います。
 ちなみにメンバーの藤井流星はE-girlsやFlower、Happinessで活動する藤井萩花、藤井夏恋姉妹のお兄さんだそうです。

恵比須堂十三本店・生駒幹人


<生駒幹人 プロフィール>
生駒幹人・顔写真2.jpg生駒幹人・顔写真2.jpg1967(昭和42)年生まれ。CDショップ恵比須堂本町店で販促を担当。
深夜ラジオ「ABCヤングリクエスト」でザ・ナックの「マイ・シャローナ」を聴いて洋楽に目ざめる。以来、ビルボードなどのTOP40チャートなどをラジオから聴いて青春時代を過ごし、洋楽にドップリとつかる。
現在も洋邦のチャートをチェックしつつ、洋楽からアイドル・歌謡曲など幅広く良質な音楽を紹介している。


[恵比須堂十三本店]
http://www.ebisudo.net/
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。