So-net無料ブログ作成

パク・ジュニョン(キングレコード)  山本譲二とジョイントディナーショー 「嘆きの雨」など熱唱  山本の弾き語りでジュニーが「石狩挽歌」も 250人がジョージ、ジュニーコール 新阪急ホテル [ディナーショー]

山本・パク3.jpg
山本譲二とパク・ジュニョン2人のディナーショー(新阪急ホテル)


山本譲二(テイチクエンタテインメント)とパク・ジュニョンの師弟コンビによるディナーショーが、2013年11月5日、大阪・梅田の新阪急ホテルで開かれ、昨年を上回る250人が詰めかけた。メインの<ジョージコール>を打ち消すかのように、最前列に陣取ったジュニョンの女子応援隊・ジュニョンガールズによる「ジュニー ~ !」の大きな声援が会場に響き渡った。

山本・パク.jpg
山本・パク2.jpg

 ふたりによるディナーショーは今年で2回目。会場のホテルでは直前に飲食店でのメニュー<偽装>騒動後初めてのディナーショーだったが、前年を上回る250人のファンたちが集まった。とりわけジュニョンガールズは前回を上回るパワーを発揮して、色とりどりのLEDライトなどを振ってお目当てのパク・ジュニョンと山本譲二に声援を送っていた。

 オープニングはジュニーの前作「チャラ」。
 「こんばんは~。お会いできて光栄です。楽しんでくださ~い!」と呼びかけると、会場からは<ジュニ~!、イェ~ッ !>と一斉に大声援が飛び交う。
ジュニーが「きょうの特別ゲストのボクのアボジ山本譲二さんです」とおどけて見せると、会場は笑いの渦。

パク1.jpg

 ジュニーにとって山本は日本での歌手デビューのきっかけを作ったとともに、歌の師匠であり、所属事務所の社長でもある。
 山本はショーではそれらを度外視して<2人でひとつにする>ことに徹し、デビュー2年目の若いジュニーを引き立てる演出を随所に見せたていた。


パク4.jpg ジュニーはデビュー曲「愛ケ・セラセラ」、今年9月に出したばかりの新曲「嘆きの雨」といったオリジナル曲を歌うとともに、ジュニーの優しい性格を感じさせるようなスローバラード「ありのままでそばにいて」をピアノ伴奏で歌うと、会場からは愛しい人を見つめるような眼差しで<ジュニーコール>の連呼。
 さらに韓国ドラマ「イ・サン」のテーマソング「約束」と韓国では<歌手の王様>と呼ばれ、日本でも紅白歌合戦出場歴もあるチョー・ヨンピルの「窓の外の女」を韓国語で披露した。

 ショーでは愛弟子のジュニーを盛りたてる役に徹していたかのような山本だが、来年は歌手生活40年を迎える。ステージで大ヒット曲の「みちのくひとり旅」「旅の終わりはおまえ」を歌うと、客席からは大きな拍手が沸き起こり、ミリオンセラー歌手の面目躍如。
 さらにギターの弾き語りで「花染められて」「時は流れても」といった普段はあまり歌わなくなったという楽曲も2曲聴かせると、会場からは「ジョージ~!」の掛け声も。

 ジュニーが山本のギター伴奏で「石狩挽歌」を歌い、さらに「演歌兄弟」を2人で歌うなど、会場いっぱいに笑顔をふりまいて師弟のコンビネーションぶりをみせた。
 さらに最期に「愛・ケセラセラ」を山本とジュニーが一緒に歌って、ジョージ、ジュニーの大コールを背に、2人のディナーショーは幕を閉じた。

山本2.jpg山本3.jpg



















ディナーショー終了後のパク・ジュニョンとの一問一答

― 去年に続いて山本譲二さんとのディナーを終えた印象は。
ジュニー 本番はリハーサル通りに進まなかったところもありましたが、ファンの皆さんに見守られて胸がいっぱいになりました。去年以上に皆さんが、アボジ(山本)とのジョイントに期待してもらっていたようで、コンビネーションの良さをどのように感じてもらえるかに力を入れました。

― 譲二さんとのジョイントはほかでも見られるのですか。
ジュニー 一緒のステージはほとんどありません。年に一度、大阪新阪急ホテルだけです。これからも毎年やりたいですね。あっ、そうそう、今年12月22日にはヒルトンホテル東京でも、初めてジョイントディナーショーを予定しています。



― 一緒にステージを務めて、どのようなところが勉強になりますか。
ジュニー いちから百まですべてですね。しゃべり方、動き、歌唱時の姿勢など、一つひとつが見逃せないことばかりです。普段は1人でキャンペーンをすることが多いので、独りよがりになりがちですが、こうして一緒にステージに上がることで、忘れかけていた大切なことを思い出させてくれます。

パク2.jpg― きょうは演歌のこぶしを回すところもありましたね。
ジュニー 冷やかされましたよ。他のライブでも演歌を歌うことはありますが、やはりアボジの歌とは全然違いますから(笑)。













[山本譲二 オフィシャルサイト]
http://go-go-george.com/
[パク・ジュラョン オフィシャルサイト]
http://www.go-go-juny.com/



韓国ドラマ・ガイド イ・サン 特別編 (教養・文化シリーズ)

韓国ドラマ・ガイド イ・サン 特別編 (教養・文化シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/03/31
  • メディア: ムック



韓国ドラマ・ガイド 馬医 前編 (教養・文化シリーズ)

韓国ドラマ・ガイド 馬医 前編 (教養・文化シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/07/30
  • メディア: ムック



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。