So-net無料ブログ作成

水田竜子(キングレコード) 6人の美女に変身して歌った感動の20周年記念リサイタル [水田竜子 Ryu song]

水田竜子3.jpg◆旅行く女、袴の女、和服の女、艶っぽい女、情熱の女、悲しみの女―と、この日の水田竜子さんは6人の美しい女を演じ分け、それぞれの衣装に合わせて歌い、終わると26曲も熱唱していました。


 2013年11月1日、東京都台東区の浅草公会堂に約1000人のファンを集めて開いたデビュー20周年記念リサイタル「20年の感謝をこめて」で、水田さんは満足しきった表情でフィナーレを迎えました。









 このリサイタルのために<美>にこだわった演出をスタッフたちと一緒になって考えてきました。まるで着せ替え人形のように、次々と衣装が変わる美しさは客席の人たちの目を存分に楽しませていたようです。

 小さいころから歌が好きで好きで堪らなくて、どうしても歌手になりたかったという水田さん。まだ高校生だった17歳のとき、キングレコードからデビューしました。それから20年、ひたすら歌い続け、気がつけば長い年月が経っていた、そんな感じだといいます。

水田竜子2.jpg

 楽天家の水田さんは、苦労だとか、辛いと思ったことはほとんどないといいます。
 「強いて言えば、自分の代表曲が出来るまで15年かかったことでしょうか」と振り返り、当然、この日も彼女の名前を全国に知らしめた、デビュー15年目のヒット曲「紅花の宿」を歌いました。

 そして20周年記念シングル「雪の細道」は、世界遺産・平泉の公式イメージソングにも認定されており、順調な売れ行きを見せています。


水田竜子1.jpg リサイタルが終わって、水田さんはスタッフからいつも言われているという言葉をかみしめていました。「ドレスを脱いだとしてもすてきな女性でいられるように」

 どんな大ホールであっても、地方のキャンペーンでの小さなステージでも変わないのが「楽しいステージにする」ということ。
 彼女はいつも、ステージ楽しかったねって言って帰っていただきたい、と20年間いつもそう思い続けてきました。
「水田竜子 Ryu Song Vol.5」




[水田竜子 オフィシャルサイト]
http://www.mizuta-ryuko.com/
[水田竜子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10431





シネマと鉄道 (SCREEN新書)

シネマと鉄道 (SCREEN新書)

  • 作者: 臼井幸彦
  • 出版社/メーカー: 近代映画社
  • 発売日: 2012/05/24
  • メディア: 新書



走れ!走れ!ボクらの特急電車 2014カレンダー

走れ!走れ!ボクらの特急電車 2014カレンダー

  • 作者: -
  • 出版社/メーカー: TRY-X Corporation(Books)
  • 発売日: 2013/09/18
  • メディア: カレンダー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。