So-net無料ブログ作成

水田竜子(キングレコード)  大好き! 幸村さん  信念を貫いた男らしさに惚れぼれ [水田竜子 Ryu song]

水田竜子・真田幸村.jpg◆大坂冬の陣から来年で400年。その戦で勇猛に戦って徳川家康を困らせた真田幸村の終焉の地となった大阪市天王寺区で、2014年4月から再来年にかけて幸村に関する記念イベント「天王寺 真田幸村博」が開かれます。

 この真田幸村、全国にファンがたくさんいますが、歌謡界で大の歴史好きとして知られる水田竜子さんも、その1人です。
 水田さんが幸村に惹かれるのは、その男らしさだといいます。

 「若い頃は父の陰にかくれて、これといった功績はありませんが…関ヶ原の戦いに敗れ、父と家族と共に九度山で人生に疲れたように逼塞しますが、一端、豊臣家から書状を受けると、山を抜け出して大阪城へに馳せ参じる武人の心意気を見せます。もう一度武将として華々しく咲かせたい、そんな気持ちがあったのでしょうね」



幸村の抜け穴が残る三光神社(大阪市)の幸村像の前での水田竜子さん(2011年8月撮影)
[水田竜子 Ryu Song Vol.5]

 大坂冬の陣では家康を追い込んだものの、敗れてしまい、大阪・天王寺の地で最期を迎えます。幸村が男を上げた大阪冬の陣、夏の陣での戦い。これこそ多くの人を惹きつける理由でしょう。

 「幸村は天王寺で死んでしまいますが、敵味方関係なくその戦いにたずさわった武将だけではなく、後世の人たちからも絶賛されるのは、こうした姿にあるのではないでしょうか。わたしもこうした彼の生き方が大好きです」

 大阪の人たちに慕われた真田幸村はその後、豊臣秀頼と共に南へ逃げ延びたとも言われているのも人気の高さの現れでしょう。
 水田さんは「最も記憶に残る武将の真田幸村は、お手本にしたい筋の通った生き方をし、信念を貫き通した人ですね」と話していました。

 水田竜子ファンのひとりとしては 「天王寺 真田幸村博」で、ぜひ歌ってほしいですね。幸村の細道を・・・あっ!「雪の細道」でした。


◆今週金曜日は、いよいよ「水田竜子20周年記念リサイタル」(浅草公会堂)です。
 問合わせは、水田竜子ファンクラブ竜宮城へ。電話番号03-3761-8121(受付時間・平日 10:00~18:00、土日 10:00~15:00)。


[水田竜子 オフィシャルサイト]
http://www.mizuta-ryuko.com/
[水田竜子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10431


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。