So-net無料ブログ作成

パク・ジュニョン(キングレコード)  懐かしの赤穂市を訪ね、豆田赤穂市長に25日のサードシング「嘆きの雨」の発売を報告 [イベント]

◆赤穂観光大使を務める韓国・釜山出身の歌手、パク・ジュニョンが、2013年9月13日、兵庫県赤穂市の赤穂市役所を訪ね、豆田赤穂市長に25日に発売するサードシングル「嘆きの雨」のサンプル盤を手渡すとともに、47都道府県ツアーキャンペーンの途中経過など近況を報告した。

パク・ジュニョン 赤穂3.jpg
25日発売の新曲「嘆きの雨」を豆田赤穂市長(左)に手渡すジュニョン

 ジュニョンは07年に、韓国で知り合った日本人を頼りに初めて赤穂を訪れ、そこでホームステーをしている。これがきっかけで赤穂との深い絆ができた。
元々韓国ではアイドル歌手をしていたが、日本でも歌手を目指そうと決心させたのも、赤穂の人たちとのふれあ いの中かから生まれたという。
 その後、歌手山本譲二と韓国で出会ったことから、12年3月には念願通りに日本でキングレコードから歌手デビューを果たした。

 来日してしばらく活動していたバラードグループ「ザストーリー」のメインボーカル時代の09年に、赤穂市から赤穂観光大使に任命されている。
 その年には義士行列にも参加し、四十七士のひとり矢田五郎衛門役で討ち入り装束で、赤穂の町を練り歩いたという。

パク・ジュニョン 赤穂市役所.jpg
赤穂市の女子職員からサインを求められた後に記念撮影

 メジャーデビュー以前から赤穂市とジュニョンのつながりは深く、彼を応援する人たちも赤穂や姫路を中心にたくさん出来ている。
 豆田正明市長もその1人で、昨年6月に姫路市のショッピングセンターで開いたミニコンサートにも、お忍びで会場にやって来たほどである。

 この日、ジュニョンが赤穂市役所で豆田市長と会ったのはその時以来で、豆田市長はすでに動画サイト YouTubeで聴いていたジュニョンの新曲「嘆きの雨」を「なかなかいい曲ですね。日本人にはない演歌の心が出ています。ぜひヒットしてほしいものです」と開口一番に激励。
 さらに「日本語も初めて会った時よりもずっと上手くなっています」と、すっかり日本人らしくなったジュニョンを称えた。

パク・ジュニョン 赤穂.jpg
「赤穂の人の情の厚さ、広がる海の景色は一番です」と豆田赤穂市長に話すジュニョン

 赤穂の良さをジュニョンは「露天風呂や広がっている海の景色は素晴らしいです。旅館というものを体験したのもこの町でした。情にも厚く、韓国の家族や友人にも伝えています」と話していた。、

 豆田市長は赤穂市のマスコットキャラクター<陣たくん>の人形をジュニョンに手渡し「これからも観光大使として頑張ってください」と、続投を依頼。

 それに応えてジュニョンは「今実施中の47都道府県ツアーキャンペーンはあと14県を残すだけとなりましたが、行く先々でぼくの出発点は赤穂ですと言っています。最初に日本の温かい心に触れたのはこの赤穂の地でした」と、これからも赤穂の魅力をどんどんと全国、さらには韓国へも広げていきたいと観光大使としての決意を見せていた。


[パク・ジュニョン オフィシャルサイト]
http://www.go-go-juny.com/
「パク・ジュニョン キングレコード」
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=43971



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。