So-net無料ブログ作成

福田こうへい(キングレコード) 東京でファーストコンサート 「南部蝉しぐれ」やカバー曲など全13曲熱唱  紅白をねらう!の意気込みみせる [コンサート]

福田1.jpg◆民謡界の貴公子とも言われる-民謡歌手で演歌歌手の福田こうへいが、2013年6月12日、東京都渋谷区の文化総合センター大和田・さくらホールでファーストコンサートを開いた。昨年10月24日に演歌歌手として「南部蝉しぐれ」(作詞・久仁京介、作曲・四方章人)でデビュー。現在、販売枚数は8万枚を突破すといったロングヒットを見せている。










演歌日本一を目指す福田こうへい


 昼夜2回公演で、約730席の会場は熱烈なファンで満席。
 「南部蝉しぐれ」をはじめ、カップリング曲の「風やまず」のほか、5月8日発売のファーストアルバム「響~南部蝉しぐれ~」に収録されたカバー曲から井沢八郎の「ああ上野駅」、千昌夫の「望郷酒場」、吉幾三の「津軽平野」、尊敬する同じキングレコードの先輩歌手、三橋美智也のヒットメドレーから「おんな船頭唄」「哀愁列車」など、全13曲を熱唱した。

 父親の形見の着物を着て岩手県の民謡「南部よしゃれ節」を歌ったり、アンコールでは再度、「南部蝉しぐれ」を涙をこらえながら歌い、最後まで客席のファンを満足させていた。


福田2.jpg 初めての東京でのコンサートを福田は「今まで民謡で教えてもらったことを決して忘れず、来ていただいた方に必ず満足して帰っていただくというのが私の信念です」と、普段と変わらない歌手としての心構えも披露。

 民謡界では、昨年、第25回全国民謡フェスティバルでグランプリを受賞して日本一の座を獲得した。続く目標は「演歌日本一」。
 「岩手・盛岡の家にいるおじいちゃん(87)とおばあちゃん(85)の2人に頑張っている姿を見せるためにも、何としても紅白歌合戦をねらいたい」と福田。

 この日、初コンサートを歌い切った福田は「今日も一生懸命、心でそして魂で歌わせていただきました。(演歌歌手として)スタートしたばかりでして、大きな大きな扉を押し開けたばかりでございます。皆さん、どうかどうか応援してください。日本の低迷している演歌を何とか盛り上げたいなと思っております」と、呼びかけ大きな拍手を受けたいた。


 今月18日にはNHKテレビ「NHK歌謡コンサート」に出演するほか、9月18日には東京・浅草公会堂で語り手として徳光和夫さんを迎えてコンサートを開くという。


[福田こうへい オフィシャルサイト]
http://fukudakohei.info/
[福田こうへい キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=43580


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。