So-net無料ブログ作成

「第2回 SANDA 歌謡ライブ」 井上由美子 入山アキコ 小野和子 丹波ひろしの4人が熱唱  [SANDA歌謡ライブ]

◆兵庫県三田市の三田市総合文化センター 郷の音ホールで2012年10月26日、第2回SANDA歌謡ライブが開かれ、井上由美子(キングレコード)入山アキコ(テイチクエンタテインメント)小野和子(キングレコード)丹波ひろし(ウェブクウ)が出演して最新曲などを披露した。


SANDA歌謡ライブ.jpg
第2回SANDA歌謡ライブの出演者たち

 10月10日に「恋の川」を発売した井上由美子は、来年でデビュー10年目になる。人気ラジオ番組「走れ!歌謡曲」のパーソナリティーは7年目という、過去のパーソナリティーの中では<最長不倒距離>を更新しつつある。デビュー当時「とっても小さな新人」と評されたほど、身長は小さいけれど、頑張り屋ぶりではだれにも負けない。この日も、それを存分に発揮していた。

井上由美子2.jpg

よさこい鳴子踊りでラストを飾る井上由美子


 先日初挑戦したフルマラソン「アクアラインマラソン」での頑張りぶりも紹介。結果は6kmでリタイアしてしまったが「沿道の応援の声に支えられて、もうあかんと思いながら6kmまで行けました。歌も同じで皆さんの声援に支えられて頑張っています」と話していた。

井上由美子3.jpg井上由美子1.jpg

















 デビュー曲の「恋の糸ぐるま」「海峡桟橋」、そして新曲の「恋の川」、カップリング曲の「高梁慕情」を歌い、森昌子の「おかあさん」のカバーも披露した。
 ラストは定番の「うち好きやねん(よさこいバージョン)」では、マネージャーとともによさこい鳴子踊りを披露して会場を盛り上げた。

 11月4日には新曲のカップリング曲「高梁慕情」の発表会を岡山県高梁市で開く。これには作詞をした同市出身の伊藤謙介京セラ相談役も出席して講演も行う。

[井上由美子公式ホームページ]
http://www.arder-jiro.co.jp/yumiko/


 入山アキ子にとって三田市は想い出の町である。それまで山口県と関東を中心に活動していたが、3年前初めて関西でキャンペーンを行ったのが三田なのだ。デビュー8年目で、元看護師という異色の歌手でもある。
 「初めての人と会うのが楽しみで、2度3度とふたたび会えるともっと楽しいです」と、好きな言葉の一期一会にたとえて、三田の演歌ファンとの再会の喜びを伝えた。客席からは<アキちゃ~ん<カッコウいいよ~>の声が飛んでいた。

入山アキ子3.jpg

しっとり熟女にふさわしい新曲「雨のよりそい花」を歌う入山アキ子


 デビュー前には全国の健康ランドから選抜されたカラオケ自慢のコンテストなど、いろんなカラオケ大会で腕を磨いてきた。看護婦長になるか、歌手になるかを迷った末に、04年10月、村上幸子の「不如帰」をカバーして、キングレコードからデビューしている。

入山アキ子4.jpg入山アキ子1.jpg

















 この日は、10月24日に出したばかりの4枚目のシングル「雨のよりそい花」のほか、カップリングの「哀恋歌」を披露。「どちらもメイン曲」というほどの力の入れようだ。耐えて生きる女性を、可愛らしく表現している「雨の--」は、母性愛いっぱいの女性をしっとりりと歌う。
 「この歌でしつとり熟女を目指します」とも。

 芸能界の父母と慕う鈴木淳、悠木圭子の2人には、新曲のレコーディング前のレッスンでは「合宿して礼儀作法や業界の話など、デビュー前のように一から教えを受けました」といい、今後は看護師というキャリアも生かしながら、社会に役立つ歌手になりたいと目標を示していた。

[入山アキ子 オフィシャルサイト]
http://iriyamaakiko.o.oo7.jp/


 小野和子は9月26日に新曲「母恋三度笠」を出した。初の股旅もので、これ1曲で股旅ものと母ものを楽しめるという。「演歌も人生も基本は母です。人情味あふれる楽曲でお願いしていたら、こんな作品が出来上がりました」
手書きの新曲案内をお世話になった人たちに送る準備をしていたら、キャンペーンを行う時間がなくなってしまったといい「11月からキャンペーンをがんばります」と宣言。

 カップリング曲の「夢と女 ~女の中の女です~ 」も披露した。

小野和子3.jpg小野和子1.jpg

















初の股旅演歌に挑戦する小野和子

 「神戸の藤あやこです」と客席を笑わせる。新曲に合わせて最近、髪型を変えたら、今度は「松原のぶえと言われるようになりました」と、再び笑いが沸き起こった。
 12月9日には、同じキングレコードの千葉一夫と神戸ハーバーランドの温泉「万葉倶楽部」で「2人の忘年会」と題したライブを開く。

[小野和子とんとんルーム]
http://www.mugenkikaku.com/


 兵庫県篠山市出身で、「心の丹波路」で1994年にデビューしている丹波ひろしは、篠山、丹波にこだわり続ける歌手として、兵庫・丹波地方で絶大の人気を誇る。篠山市ふるさと大使も務めている。
 この日は<ふるさとPRコーナー>に出演した。

丹波ひろし1.jpg丹波ひろし2.jpg

















兵庫・丹波を拠点に活動し、地元篠山の魅力を発信している丹波ひろし

 最初に「ささやま・・・めぐり逢い」を歌うと、客席からは<ひろし~>と、黄色い掛け声と花束のプレゼント。
10年にウェブクウから出した第2弾の最新曲「人生酒場」は、駅前酒場のママの人生模様を歌っている楽曲で  「ちょっと手応えを感じています」と、控えめながらも力強い歌声を響かせていた。

[丹波ひろし プロフィール]
http://www13.plala.or.jp/kayou-hall/event1.html



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。