So-net無料ブログ作成

OSAKA歌謡ウエーブ公開録音に山川豊、市川由紀乃らが出演 メルパルク大阪で [ラジオ]

◆ラジオ大阪の人気番組「OSAKA歌謡ウエーブ」の公開録音が、2012年3月15日、大阪市淀川区のメルパルク大阪で行われた。今回で15回目で伊藤美裕、黒木姉妹、花咲ゆき美、あさみちゆき、市川由起乃、山川豊の演歌・歌謡曲の新人から中堅、ベテランの歌手6人が出演し、新曲などを披露した。



image-20120315180300.png



 トップバッターは昨年、日本コロムビアの100周年記念歌手としてデビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞した伊藤美裕。デビュー曲の「六本木スターダスト」を歌ったのに続いて、デビュー順に黒木姉妹「泣かんとね」、花咲ゆき美「面影草」、あさみちゆき「青春のたまり場」、市川由起乃「海峡氷雨」、山川豊「アメリカ橋」を披露した。

伊藤美裕.jpg
伊藤美裕
黒木姉妹.jpg

黒木姉妹


 両親が客席で応援していたという伊藤は、レコード大賞新人賞の受賞を「信じられないことでした。貴重な経験をさせてもらいました」と話し、「さすらいの天使」新曲の「Why 真夜中の予感」を歌った。黒木姉妹は3月24、25日に大阪と神戸初のライブを開くと告知。来場を呼びかけ「恋していいですか」、新曲「夢花火」を歌った。デビュー5年目の花咲は、6月10日にデビュー5周年記念コンサートを東京・新橋のヤクルトホールで開くことを報告して、新曲の津軽リンゴ節」、そのカップリング「お立ち船」を歌った。

花咲ゆき美.jpg
あさみちゆき.jpg
花咲ゆき美(上)とあさみちゆき

 今なおデビュー前からのストリートライブを東京・井の頭公園で続けているあさみちゆきか、今年4月23日でデビュー10周年を迎える。「ごはん」と、JR新橋駅前で40年間、靴磨きを続けて5人の子どもを育てたという女性を歌った新曲の「新橋2丁目7番地」をギターの弾き語りで歌った。
市川由紀乃は休養期間を入れるとデビュー20周年になるという。歌えることが幸せといい、新曲「桟橋時雨」の歌唱指導も交えて「おんなの潮路」とともに、女のかなしみを情感たっぷりに聴かせていた。

山川豊.jpg市川由紀乃.jpg

















山川豊(左)と市川由紀乃

 トリの山川豊はデビュー31年のベテラン。初めての公録出演だった。さらにこれも初めての花粉症に悩んでいるという。「我が娘へ ブライダルバージョン」と、「アメリカ橋」などに次ぐ国境なき歌謡POPSと言われる新曲「ナイアガラ・フォールズ」を披露して、客席からは大きな拍手が送られていた。

最後は出演者全員で仙台を舞台にした「青葉城恋唄」を歌って、東日本大震災の被災地がいち早く復興すようにと祈った。



nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。