So-net無料ブログ作成

市川由紀乃&水田竜子 ~ 二人のビッグショー ~ 10月7日の「第5回あべの歌のステーション」特別企画 [あべの歌のステーション]

◆今年6月から大阪・阿倍野のあべのキューズモールにあるライブハウス、abenoROCKTOWNで、毎月第一金曜日に開催されている「あべの歌のステーション」で、2011年10月7日午後1時から、市川由紀乃&水田竜子 ~ 二人のビッグショー ~ と題して、キングレコードの実力派中堅女性演歌歌手2人によるビッグイベントが開催される。全席指定、入場料は2800円(CDかカセット商品1品と1ドリンク付き)。

あべの歌のステーション10月.jpg


 出演するのは10月5日に新曲「桟橋時雨/母の手」を出す市川由紀乃と、9月7日に「女の色気はないけれど/別府航路」を発売した水田竜子

 市川は、1993(平成5)年8月21日「おんなの祭り」でデビュー。
 子供の頃から歌が大好きだったといい「家族の愛、周囲の人たちの励ましを受けながら、今日まで歌いつづけてきました…」と人の支えを大切にする。
 切ない女心を歌い続け、前作の「女の潮路」では第44回日本作詩大賞に入賞している。
 「横笛物語」など時代物でも女性の情感をふんだに表現するなど実力、人気ともに高まっている。
 水田竜子とは小村美貴(キングレコード)とともに、長身女性3人組でユニット<Beauty“SRWs”(ビューティ・スルー)>を結成して、全国でコンサートを開催している。


 水田は、1994(平成6)年1月21日「土佐のおんな節」でデビューしている。歌手歴では市川の1年後輩に当たる。
 93年にNHKのど自慢グランドチャンピオン受賞しているほか、94にはNHK新人歌謡コンテストで入賞している。最近では2009年、平成21年度日本作曲家協会音楽祭で奨励賞を受賞したという折り紙つきの演歌歌手。
 07年に出した「紅花の宿」がヒット。以来、ご当地ソングが人気を博し、前作ではデビュー以来の高知を舞台にした「霧の土讃線」を歌って評判を呼んだ。
 今作「女の色気はないけれど」では、タイトルとは逆に色気たっぷりに歌う。


 「第5回あべの歌のステーション市川由紀乃&水田竜子 ~ 二人のビッグショー ~ 」のチケットは、ローソンチケットで扱っているほか、あべの歌のステーション事務局でも受け付けている。
 ☎06-6365-5230 Fax06-6185-5230



[市川由紀乃 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=13522
[市川由紀乃 プライム]
http://www.primecorp.co.jp/talent/artist/ichikawa_yukino.html
[水田竜子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10431
[水田竜子 オフィシャルホームページ]
http://www.mizuta-ryuko.com/





nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。