So-net無料ブログ作成

新デュオ<えんか兄弟>? 池田輝郎(キングレコード)と大地誠(日本クラウン)、昭和歌謡歌う 第2回あべの歌のステーション [あべの歌のステーション]

◆第2回目の「あべの歌のステーション」が、2011年7月8日、大阪市阿倍野区のライブハウスabeno ROCKT TOWNで、池田輝郎と大地誠をゲストに招いて開かれた。2人によるジョイントライブは初めてで、駄洒落を交えた会話と懐かしい昭和の歌謡曲とオリジナル曲で観客を楽しませた。


池田2.jpg大地3.jpg

















池田輝郎(左)と大地誠


 今年6月から始まった「あべの歌のステーション」は、歌をじっくりと楽しんでもらおうと企画。出演する歌手自身の語りでステージを進行する形を取っている。
 今回は、大阪と神戸の流行歌ライブで3回ほど顔を合わせている程度の池田と大地が、ほとんどリハーサルなしに初舞台に挑んだ。

 池田が温泉で佐賀県の民謡「佐賀箪笥長持唄」を歌っているのを耳にした作曲家の水森英夫の勧めがプロへのきっかけとなったと話すと、大地も「はぐれコキリコのど自慢大会」でグランドチャンピオンを受賞したことがプロへとつながったことや、板前、精肉店といったそれぞれの前職を紹介するなど、2人ともに50歳代での遅咲きのデビューへの経緯を話した。

池田&大地1.jpg

池田&.jpg

池田&大地3.jpg


 大地のデビュー曲のカップリング曲「伯備線」のイントロが流れてライブの幕が開くと、登場したのは池田輝郎。
 1番を池田が歌い、2番を大地が歌った。
 続いての「雨の夜汽車」は大地が1番、2番を池田といった具合に、それぞれのが相手の代表曲「雨の夜汽車」(池田)「伯備線」(大地)を、お互いに歌唱して歌によるエールの交換をした。

 <2人の懐メロshow>のコーナーでは、大地が「妻恋道中」「旅笠道中」といった股旅演歌を披露すると、池田は「誰か故郷を想わざる」「若いふたり」を歌って、観客の中には一緒に口ずさむ人もいるなど、会場を沸かせた。

 池田の恩師は水森英夫。
 大地は「はぐれコキリコのど自慢大会」の審査員も務めていた作曲家の聖川湧。
 それぞの代表作の中から女唄を1曲ずつ選んで、池田は天童よしみが歌った「酔ごころ」、大地は三笠優子の「夫婦舟」を歌唱した。


大地2.jpg池田3.jpg

















 それぞのオリジナル歌コーナーでは、まず大地が、新曲のカップリング曲の「北陸本線」、大好きな歌だという鳥羽一郎の「龍神」、デビュー曲「屋台酒」、そして新曲の「浜酒場」を披露。

 続いて池田は、デビュー3作目の「北の夜風」、新曲のカップリングでワルツ調のメロディーが新鮮な「男の誠」、人生の応援歌「あした坂」、今年1月1日に発売された新曲「湯の町哀歌」の4曲を歌った。
 最後は2人が、北島三郎と鳥羽一郎の「演歌兄弟」を歌った。

大地1.jpg
池田1.jpg













 ライブを終えて大地は「去年8月に新曲を出しましたが、出身地氷見の出世魚ブリのように、一段一段昇っていきたいと思います」と話すと、池田は「あと50年くらいは歌っていきたい。みなさんの応援をよろしく」など会場を笑わせながら、意気込みを見せていた。


 次回の「あべの歌のステーション」は、2011年8月5日午後1時から、山本和恵(エイフォース・エンタテイメント)と美山有里(インターナショナルミュージック)の実力派シンガーを招いて、同じabeno ROCKT TOWNで開かれる。



[あべの歌のステーション実行委員会]
TEL 06-6365-5230 FAX 06-6185-5230

[池田輝郎オフィシャルサイト]
http://www.mitsui-ag.com/teruo/
[大地誠のきときと街道]
http://plaza.rakuten.co.jp/daichimakoto/



nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。