So-net無料ブログ作成

オルリコ(キングレコード)、新曲「愛されていたい」&ファーストアルバム発売記念ライブ [ライブ]

オルリコ1.jpg◆2010年7月21日に「ひぐらしの坂」でキングレコードからデビューしたアジアの歌姫、オルリコ = 写真・右 = が、第2弾シングル「愛されていたい」とファーストアルバム「風ノ詩(かぜのうた)」を6月22日に発売したのを記念して、11年7月4日、東京・六本木のノビルデューカ六本木でアコースティックライブを開いた。


 満員のファンと関係者が詰めかける中、オルリコは「生バンドと共演するのは初めてで、とてもワクワクし、緊張していますが、私の心が皆さまに伝わるよう一生懸命歌わせていただきます」とあいさつ。



緊張気味に熱唱するオルリコ



 デビュー曲「ひぐらしの坂」をはじめ、アルバム収録曲から「悲しくてやりきれない」「見上げてごらん夜の星を」、妹の馬頭琴奏者・イラーナとの初共演で日本の唱歌メドレーから「朧月夜」「里の秋」、モンゴル民謡「オルティンド」、それに新曲「愛されていたい」、同カップリング曲「忘れな草をあなたに」など全13曲を熱唱した。

 また、新曲を担当した作詞家松井五郎と作曲家都志見隆も駆けつけた。
 松井さん「デビュー曲の『ひぐらしの坂』で初めてお会いして、彼女の透き通った声に心打たれました」などと、今作を手がけた動機などを話していた。
 都志見は「初めての生バンドとのライブとは思えないくらい上手で、アジアを感じました」と語った。

オルリコ2.jpg

 歌い終わったオルリコは「デビューしてこの1年間は、初めてのことばかりで緊張する毎日でしたので、長かったです。2年目からはリラックスして頑張っていきたい」と話していた。

 彼女は中国・内モンゴルから来日して8年目になる。
 モンゴル民族舞踊の踊り手として日本各地での公演活動を経て、3年前、妹の紹介で知り合った所属事務所の社長にスカウトされたのをきっかけに歌手デビューした。
 父親はモンゴル相撲のコーチとして中国では有名人で、母親はモンゴル伝統民族舞踊家。 尊敬するという故テレサ・テンを彷彿させる声質と伸びのある歌声が魅力と評判だ。



[オルリコ 公式ブログ]
http://gree.jp/oruriko
[オルリコKING RECORDS OFFICIAL SITE]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=39499


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。