So-net無料ブログ作成

MinxZone(エイベックス・エンタテインメント) 4月24日に「紙ピアノ」で念願のメジャーデビュー [デビュー]

◆大阪・大正区出身のyukariと関西出身のwaioayuhaの男女3人からなるMinxZone(ミンクスゾーン)が、結成11年目の2011年4月24日、ミニアルバム「紙ピアノ」でエイベックス・エンタテインメントから念願のメジャーデビューする。CDと併せて書籍「この世で一番大切な日」(十川ゆかり=yukari著、サンクチュアリ出版)を同時発売する。


MinxZone.jpg
大阪・福島でのライブで熱唱するMinxZone



MinxZone 紙ピアノ.jpg 「自分が変われば世界が変わる」
 MinxZoneがデビュー当時から自分たちの音楽に込めているメッセージだ。
 デビューアルバムの「紙ピアノ」にも<前向きに歩いていこう。未来は自分の意思で創るもの。そうすれば世界は変わる>といった思いを詰め込んでいる。
 まさに自分たちを鼓舞するかのような楽曲である。






 1999年に大阪で結成されたMinxZoneは、2002年、東京に活動拠点を移して路上ライブを始め、招かれて海外でも演奏している。国内外にたくさんのファンをつくってきたが「音楽人生は平たんではなかった」という。

 ようやく見えた一筋の灯りが「紙ピアノ」である。
 表題曲のほか「Brihtday Suit」「イライラメガネ」(USTREAM TSUTAYA チャンネル「yukariのポカポカメガネ」のエンディングテーマ曲)「約束の力」(山形銀行企業テレビCMソング)「つぶやき☆えぶりわん」(USTREAM×Twitter 企画で誕生した応援ソング)「じゃ」(USTREAM番組ケツダンポトフ・エンディングテーマ曲)の6曲を収録している。
 「紙ピアノ」はyukariが子どもの頃の思い出をもとに書いたという曲で「本を読むような気持ちで聴いてほしい」と話している。


MinxZone 十川ゆかり.jpg
ボーカルのyukariは大阪・九条の出身


 このほど大阪市内で帰阪ライブを開いたMinxZoneたちは「やっぱり大阪はイイね」と、集まったファンたちに話しかけていた。



[MinxZone OFFICIAL WEBSITE]
http://www.minxzone.net/




この世で一番大切な日

この世で一番大切な日

  • 作者: 十川ゆかり
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2011/04/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。