So-net無料ブログ作成

まきちゃんぐ(バップ) 平成の<中島みゆき>を感じさせるシンガーソングライター セカンドアルバム「ワタシノウタ」をリリース [新譜]

まきちゃんぐ.jpg◆女性シンガーソングライターのまきちゃんぐが、セカンドアルバム「ワタシノウタ」を2011年2月16日にリリースした。中島みゆきのカバー曲「夢だもの」などラブソング12曲を収録している。
 1ヵ月前の1月26日にシングルリリースした日本テレビ系ドラマ「デカワンコ」(土曜日午後9時放送)の主題歌「愛と星」など、タイアップ作品6曲を収録しているのも特徴だ。アルバム収録曲の中でiTunesで最も人気の高いのが、この「愛と星」だともいう。



まきちゃぐ応援店、恵比須堂本店の店頭ディスプレイ







樋口さん.jpg08年にリリースされたファーストアルバム「知と性、毛布とセックス」から2年ぶりのアルバムである。
 「前アルバムに比べると、スリリングな楽曲は少なくなったが彼女らしく熱く歌い上げるスタイルは健在である」
 まきちゃんぐの応援店として店頭ディスプレイ作りをはじめ、何かと拡売には精力的な大阪・十三の恵比須堂の樋口浩司さん = 写真・右 = は、このように話している。


 「<平成の中島みゆき>と、言われるのが実感できる内容に近づいてきているような気がします。アルバムにはファンが望んでいた曲を収録したパッケージに仕上がっています。ライブではしばしば演奏されていてCD化の要望の高かった<名前>も収録されており、ファンにとっては嬉しい選曲でしょう」

 彼女はライブでは、「糸」や「誕生」といった中島みゆきの代表曲も歌唱しているという。これらの楽曲もCD収録を望む声も多く聞かれる。

 6枚目のシングル「愛と星」は、小、中学生から大人までと幅広い年齢層に支持されているという。前作の「鼓動」(09.11.18)から1年あまりを経てのシングルリリースである。


まきちゃんぐ ワタシノウタ.jpg◆まきちゃんぐは岡山県総社市出身。
 関西でも注目され、爆発的な売れ行きを見せるようになるのは、09年6月にリリースした「愛の雫」からだという。
 毎日放送(MBS)の「ちちんぷいぷい・おいしいうた」に選ばれほか、第25回国民文化祭「おかやま2010」のイメージソングにもなっている。


セカンドアルバム「ワタシノウタ」



 「そのたりからでしょうか、ピアノ弾き語りのスタイルでの楽曲が増えました。しっとりと歌い上げる新たなスタイルが中、高年齢層のファンに指示され、昨年の大阪フェニックスホールでの弾き語りコンサートは高い評価を得ました」と樋口さん。


 4月24日には、大阪市中央区の大阪城野外音楽堂で開かれる「2011ぷいぷい音楽祭」に出演する。
 樋口さんは「デジタル化されている昨今の音楽にあって、流行に流されずアナログ的な温かい音楽スタイルを変えずに、しかも少しずつ進歩させている彼女を応援していきます」と話している。



[まきちゃんぐ オフィシャル]
http://www.makichang.com/
[まきちゃんぐ バップ]
http://www.vap.co.jp/makichang/

[恵比須堂本店]
http://www.ebisudo.net/
※まきちゃんぐニューアルバム「ワタシノウタ」購入でポスタープレゼント中。


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。