So-net無料ブログ作成

大月みやこ(キングレコード)、東京・三越劇場で秋のコンサート 和をテーマに全30曲熱唱 [PR]

大月みやこ.jpg◆4月21日発売の最新シングル「心ひとすじ」(作詞・峰崎林二郎、作曲・徳久広司)がロングセラー中の大月みやこが、2010年9月23日、昼夜2回、東京・日本橋の三越劇場で「大月みやこ 2010秋のコンサート」を開いた。新曲とともに芸者姿での三味線の名演奏ぶりにも満員の客席は魅了されていた。

 毎年秋の恒例コンサート。三越劇場で行うのは、昨年に続いて2回目。今回のテーマは「和」で、和の世界を中心に大月自らが構成した。

 見所のひとつが芸者姿での三味線を弾く場面だった。「<雪国>という舞台で芸者と三味線をやったときに、いつか別の形で披露したいと思っていました」という思いがかなったものだ。







 その三味線では、藤本流の藤本秀偵さんと藤本篤秀さんと競演した。「あまり練習ができませんでしたが…」と心配顔を見せていたが、津軽三味線とは違う魅力でもある「やさしさと粋、色っぽい落ち着いた音色」を存分に聴かせてくれた。

大月みやこ2.jpg また、衣装もドレス、着物、芸者姿などと4回も着替えて、いろんな大月を見せてくれた。
 「秋のコンサートは、ふだんのホールコンサートと違っていろんなジャンルや空気を出すことができますので、やりがいがありますし、自分も楽しませてもらえるのがいいですね」

 約500席の会場は、昼夜2回とも熱烈なファンが詰めかけ満席。大月が歌う全30曲に聴き入っていた。

 新曲の「心ひとすじ」をはじめ、「白い海峡」「女の駅」「儚な川」「女の港」といったオリジナル曲を歌うとともに、昭和のヒット曲から「未練の波止場」「すきま風」「細雪」「別れの予感」「有楽町で逢いましょう」「再会」「東京のバスガール」「銀座カンカン娘」「学生時代」「いつでも夢を」を披露。

 また和のコーナーで「木遣りくずし」「深川」「勧進帳」「さのさ」を歌った。



 大月は「純粋な和というものに興味もあったし、これからも和の持つ粋な空気感をつないで残していきたいと思っています」と話していた。



[大月みやこOfficial Web Site]
http://www.otsukimiyako.com/



nice!(44)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 44

コメント 3

matcha

実力派の歌手が、原点に立って
もう一度、和を見つめ
自分にあった曲を歌う、僕の求めている
活躍に近く、頑張って欲しい。
昭和の諸先輩の心は熱い。
by matcha (2010-09-25 18:20) 

月光14th

芸名ですが、大月楽器と、みやこ楽器って本当ですか?
by 月光14th (2010-09-25 19:46) 

pandan

大月みやこさんの「女の港」好きです〜
by pandan (2010-09-26 06:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。