So-net無料ブログ作成

カレン(ビクターエンタテインメント) 新曲「蛍の娘」 恵比須堂今福店で歌う [キャンペーン]

カレン2.jpg◆ビクターエンタテインメントの現役女子高生演歌歌手のカレン = 写真右 = が、8月21日、大阪市城東区の恵比須堂今福店があるイズミヤ今福店の地下ピロティで、新曲「蛍の娘」のキャンペーンを行った。気温が35℃を超す暑さの中、熱心な男性ファンは彼女の姿を収めようと、客席からカメラを向けていた。

 カレンが恵比須堂今福店にやって来たのは1年ぶり、3度目だという。記者も昨年、デビュー直後の彼女が歌う光景を、同じ場所で取材した記憶がある。





 この日は「螢の娘」のほか、カップリングの「女からっ風」、前作の「泣くなオカメちゃん」とともに、昨年発売したカバーアルバム「カレンの<演歌がいっぱい>」の中から「人生いろいろ」(島倉千代子)「夜桜お七」(坂本冬美)「帰ってこいよ」(松村和子)の6曲を歌った。

 太陽が照りける中、元気いっぱいに右へ左へと動き回り、歌い続ける姿を見ていると、やはり高校生の若さにはかなわない、と感じさせられてしまう。
 記者は、カメラを構えているだけで、背中は汗でびっしょり。お店から冷たいお茶を差し入れてもらったのは、まさに砂漠で水を得たような感じだった。




カレン1.jpg そのような中でカレンが歌う「螢の娘」は、小学生時代に健康ランドや温泉地で演歌を歌っていた母親について、地方回りをしていた時のカレン自身を歌った曲だ。

 「照明係やCD販売などをしていました。その姿を見て演歌歌手を目指すようになったのですが、夜は自分が妹や弟を面倒を見ていました。寂しい想いいもたくさんしました。その頃の気持ちを歌ったものです」

 三味線をバックに配した「女からっ風」は、パンチの利いた演歌で、暑さを吹き飛ばしてくれそうな歌だ。

 歌い終わってCD購入者へのサイン会では、スタッフが日傘を差しかけていたが、太陽の光は容赦なく射し込み、カレンも「ハイソックスのラインが残るほど日焼けしてしまいました」と、暑さだけには閉口気味だった








[カレン オフィシャルブログ 演歌大好き17歳! カレンのオカメ日記]
http://ameblo.jp/karen-nikki/



nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 12

コメント 3

奥山モッチー

随分と大人の魅力が出てきた感じですね。
静岡でのキャンペーンの時はまだまだキャッキャしてました。

7月発売の曲がカレンちゃんを成長させたのかも知れませんよね。

髪ものびて唄う姿の画像をみて、「青田典子」さん系のセクシィさも
出ているように感じましたよ♪

今後の成長が楽しみです。
by 奥山モッチー (2010-08-30 16:46) 

西宮の父

カレンちゃんが、昨年デビューした時から、ファンになってからというもの、関西でイベントがあるたび応援はできるだけ参加しています。今回の大阪キャンペーンの4ヶ所も全部参加させて貰いました。
今福店では、暑い中汗びっしょりで、頑張って熱唱してくれました!
いつも、カレンちゃんの頑張ってる姿を見ると、こちらまで元気ずけられます。
最近では、関西だけでなく東京や地方にも応援に参加する様にもなりました!
これからも、本当の娘の様な気持ちで大きく成長して行くのを見守りたいと思います。
by 西宮の父 (2010-08-30 21:27) 

赤い灯台

初めまして。
21日と22日の二日間、4カ所でのインストア・ライブを全て観ました。 去年の8月は、まだメジャー・デビューする前で、お盆の時期に関西キャンペーンが行われましたが、最初に彼女の歌声を聴いたときに、本当に歌唱力がある子だと思いました。 今後は、経験を積んで、大舞台に立つ演歌歌手になってほしいですね。最近どうも体調が良くないようですが、早く良くなって、迫力がある歌を聴かせてください。
by 赤い灯台 (2010-09-02 20:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。