So-net無料ブログ作成

関西歌謡大賞 テープ審査応募数は2198曲 9月4日から地区予選、最終選考会は9月23日に [関西歌謡大賞]

◆日本レコード商業組合関西支部(支部長・村上與利一大蓄社長)と関西レコード商組合連合会(会長・同)が、このほど、10月7日に行われる関西歌謡大賞カラオケ決勝大会への出場を決める、一般から応募があったテープの審査をすべて終え、地区予選を9月4、5の両日、最終選考会を9月23日に行うと発表した。

関西歌謡大賞.jpg
地区大会へ向けての打合せを行う関西歌謡大賞会議の模様

 地区予選は、9月4日に京都・滋賀地区が京都教育文化センター、兵庫地区が兵庫県民会館けんみんホールで行い、5日には大阪地区が大阪市平野区のクレオ大阪南、和歌山地区が和歌山市民会館市民ホールで予定されている。
 最終選考会は、大阪・心斎橋のライブハウス「BIC CAT」で開催される。

 テープ審査は同支部・関レ連とメーカー各社によって行われた。
 主催者発表によると応募曲数は2198曲で、府県別では大阪府・奈良県835、兵庫県621、京都府・滋賀県415、和歌山県327だった。応募は、1人で課題曲(18曲) を複数応募しているケースがある。

 このうち地区大会に出場するのは大阪会場が260曲、京都会場155曲、兵庫会場149曲、和歌山会場146曲。
 地区大会では最終選考会への出場者を決定する。

 村上與利一日レ商関西支部長/関レ連会長によると「大阪と兵庫でのテープ審査の応募は増えている。大阪では事前に課題曲歌手の店頭キャンペーンを実施したこと、兵庫はカラオケサークルとの連携によって増加をはかった。今後は、課題曲の店頭キャンペーンへの取り組みが必要になる」と、集まったCDショップやメーカーへ働きかけた。

 また村上氏は地区大会での審査に向けて「十分に課題曲を聴きこんで審査に臨んでほしい」と要望した。



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。