So-net無料ブログ作成

「寿美若のヤンレー節/舟唄やんれ」 推薦曲 取組み店の輪が拡大 日レ商関西支部・関レ連 [レコード商組合]

もず唱平.jpg◆日本レコード商業組合関西支部(村上與利一支部長)と関西レコード商組合連合会(同会長)が、推薦曲として推している鳴門家寿美若の「寿美若のヤンレー節/舟唄やんれ」(もず唱平作詞、三山敏作曲 シュライカー)を、傘下の加盟店に拡売を呼びかけている。

 推薦曲は、関西を歌った楽曲や歌手を盛り上げていこうと、組合加盟店の店頭での拡売を進めもの。今回の「寿美若のヤンレー節/舟唄やんれ」は、「どこを取ってもTHIS IS KANSAI! 是非、取り上げてもらい、売り上げに協力を」と働きかけている。

 ヤンレー節には30数年前から関心を持っていた―という作詞家のもが唱平は「聴くと妙に心が落着きます。音頭と踊りの関係性も爽やか。櫓を取りまく踊りの輪も一際なごやかに感じられる」といい、数年前には「舟唄やんれ」(アルバムに収録)を作って成世昌平が歌っている。



 この歌を歌わせてほしい―と、もずに願い出たのが鳴門家寿美若だった。
 もずは「ならば、オリジナルを固定化してヤンレー節の普及盤を作っては・・・、と逆提案」してCD化が実現したという。

 かつて、もずは自らプロデュースし、ディレクションも担当した「釜ヶ崎人情」を製作した経験を持つ。しかし誰にも相手にされず、インディーズ盤で世に出したが、それを応援してくれたのが、関西のレコード店だったという。

 レコード店の中には数千枚を売ってくれたところもあったなど、「釜ヶ崎人情」はその後、ヒット曲の仲間入りを果たした。
 その時の協力をもう一度と、もず自ら歌の聴き手であるユーザーに最も近いレコード店の組合である日レ商関西支部と関レ連に、傘下店での取り扱いを求めた。

 今後、近畿一円の大衆演劇の舞台で「寿美若のヤンレー節」を披露する予定だという。


 取り扱いを始めた組合加盟店は下記の通り。
マルゼン楽器店(和泉市)マルゼン楽器店サンピア店(堺市南区)ミヤコ箪山店(東大阪市)清水屋(京都市中京区)ディスクハスOZ(京都市西京区)あこや楽器(大阪市北区)恵比須堂今福店(大阪市城東区)恵比須堂えんかJin(大阪市淀川区)クラモトレコード(天理市)大蓄垂水店(神戸市垂水区)、大蓄西宮店(西宮市)大蓄西神店(神戸市北区)大蓄住吉店(神戸市東灘区)ないとう楽器店(亀岡市)西村電気(大阪市西淀川区)京阪楽器店(門真市)ヤングレコード(岸和田市)ヤングレコードトークタウン店(同)みのおピッコロ(箕面市)HITSイシイ(和歌山市)HITSイシイ・イズミヤ店(同)平和レコード(神戸市長田区)レコードショップ二光(寝屋川市)



「寿美若のヤンレー節」(作詞:もず唱平 曲:民謡 採譜:三山敏)/C/W「舟唄やんれ」(作詞:もず唱平 作曲:三山敏 唄:成世昌平)
発売元:シュライカー
歌手:鳴門屋寿美若

【発売日】7月15日
【商品番号】SHRK-0005
【価格】1200円(税込み)


nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。