So-net無料ブログ作成

三山ひろし(日本クラウン)、3月3日にファーストアルバム「歌い継ぐ!昭和の流行歌」 [演歌]

◆「人恋酒場」で2009年6月に日本クラウンからデビューした三山ひろしが、3月3日、ファーストアルバム「歌い継ぐ!昭和の流行歌」を出す。三橋美智也の「哀愁列車」など昭和の名曲10曲をカバー、「人恋酒場/望郷列車」も収録されている。

 三山の「人恋酒場」は、「Music news jp」にウィークリー・チャートを提供してくれている恵比須堂本店(大阪・十三)の演歌シングルTOP20でも、このところずっとベスト10以内を保つ人気の高さを見せている。

 その人気の理由は、歌に限らず最近の昭和への回帰現象が挙げられる。とりわけ演歌は、短サイクルで次々と送り出される新曲攻勢への反発なのかもしれない。いずれにしても三山の「人恋酒場」は売れている。日本クラウンによると、すでに15万枚を突破しており、大ヒット新人ということになる。

 昭和歌謡を歌い継ぐをコンセプトに彼が3月に出すファーストアルバムでは、「哀愁列車」(三橋美智也)「あの娘が鳴いている波止場」(同)「長崎の女」(春日八郎)「別れの一本杉」(同)「湯の町エレジー」(近江俊郎)「大利根月夜」(田端義夫)「初めて来た港」(藤島恒夫)「人生劇場」(村田英雄)「北国の春」(千昌夫)「祝い船」(門脇陸男)の懐かしの名曲10曲を聴くことができる。

 高知県南国市生まれの三山は、祖母の影響を受けて子供の頃からこうした曲ばかりを聴いて育った、というだけに、昔を知る人も安心して聴ける歌になっている。

 「自然体で声が出ている」とか「聴いていて気持ちいい」「昔懐かしい声」などといった声も聞かれ、「人恋酒場」同様にファーストアルバムの販売も期待が持たれる。


[三山ひろし公式ホームページ]
http://www014.upp.so-net.ne.jp/miyama-hiroshi/



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。